FC2ブログ

新刊書籍案内(44)「なっとく!アルゴリズム」

受信メールを見ていたらメルマガで紹介されていた書籍です。タイトルからアルゴリズムの本であることは明白ですが、類書との差別化として、著者による手書きのイラストが多用されている、とのことです。実物を見ていないので、手書きであることがどれだけアドバンテージなのかはわかりませんが、売りにしているくらいなので、理解しやすいイラストなのだと思います。ともすれば理屈と数式になりやすいところをわかりやすく解説しているとのことです。

言語としてはpythonを使っているのですが、他のプログラミング言語の経験があれば容易に読めると思います。また、取り上げられているアルゴリズムはいずれも実用的なものばかりだそうです。

目次は以下の通りです。

第1章 あれもこれもアルゴリズム
第2章 並べたり差し込んだり選んだり:ソート
第3章 同じ手順で何度でも:再帰
第4章 ちっちゃくしてから考えよう:クイックソート
第5章 関連付ければ話も早い:ハッシュテーブル
第6章 グラフを作れば見えてくる:幅優先探索
第7章 本からピアノへ物々交換大作戦:ダイクストラ法
第8章 問題は続くよどこまでも:貪欲法
第9章 ドロボーは計画的に:動的計画法
第10章 分類したら予測して:k近傍法
第11章 この先にはなにがあるの?
第12章 答え合わせ

翔泳社から1/31に¥2,700で発売されるとのことです。面白そうなコンセプトなので購入してみようと思っています。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR