FC2ブログ

Emacsで複数のshellを起動するには

Emacsでは、”M-x shell”と入力することで内部シェルを起動することができます。例えばWindowを分割して、それぞれで内部シェルを起動すれば2つの内部シェルが起動できるように思われるのですが、実際にやってみると期待通りにはなりません。画面は分割されているのですが、内部シェルは1つなので、それぞれの画面が影響を受けてしまいます。

それでは、複数の内部シェルを起動するにはどうすればよいか、ですが、これは簡単で、”C-u M-x shell”と入力します。この際、*shellというバッファ名でよければRETを打ちます(n:数字)。これで、イメージ通りに2つの内部シェルが起動できます。

シェルはいくつでも起動可能です。先に述べた手順を行った時に、nの値が増えるだけです。興味のある方はお試しください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR