FC2ブログ

読書人の雑誌『本』

講談社が出している雑誌です。本に入っていたちらし?を見て、この雑誌の存在に気付きました。月刊で100円なので、無料配布でもいいじゃん、と思っていたら、池袋ジュンク堂では、無料で配布していました。

興味を持ったきっかけは、「新・哲学入門」という文字が見えたからです(苦笑)。哲学を専攻する者としては、ちょっと気になりました。調べてみたら、結構面白そうな連載があったりしたので、購入しようと思いました。

ところが、この雑誌、雑誌を扱うサイトで調べてみると、定価100円に対し、送料が250円という暴挙でした(苦笑)。こうなると、店舗に出向いて購入するしかありません。そういうわけで、ジュンク堂へ足を運びました。

でも、お目当てのものは、なかなか見つかりませんでした。雑誌なので、1Fにあると思って、隅から隅まで見てみたのですが、ダメでした。仕方がないので、店員さんに尋ねたところ、手渡ししてくれました。価格のところが塗りつぶされていたので、どうも無料らしいです。一応、店を出る前に他の店員さんに確認したところ、やはり無料でした。他の店舗では購入できるので、ここだけの判断なのかもしれません。さすが、本店ですね。

それで、中を見ているところですが、やはり面白そうです。ただ、面白そうは連載が最終回だったりで、バックナンバーが欲しくなったりしているのですが、次回からの新連載に期待したいです。

いろいろな本が紹介されていたりして、早速、購入することにしました。ただ、洋書の翻訳だったので、ここは原書を、ということで、原書にしました。なんか、講談社の策略に引っかかった気がしてなりません(苦笑)。まぁ、いいですけどね。

そうそう、7-711系のサービスを利用すると、この本は定価で買えることがわかりました。7-11まで取りに行くとしても、家からは近いので苦になりません。ただ、店舗に行けば無料なので、多少歩くことを選択しました(苦笑)。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR