FC2ブログ

RaspberryPi4用ケース

本体の購入に合わせてケースも購入しました。ケースと電源、冷却ファン、ヒートシンクが付いていて\2,000円程度だったので、とてもお買い得だと思い、購入しました。

届いたのでさっそく開けてみたのですが、うーん、でした。ケース上面が写真と異なり、半透明になっていた上、はっきりわかる3.5cmほどの傷が付いていました。これをみた瞬間、醒めてしまいました。速攻で返品手続きをしました。

透明だからかっこよく見えたのです。半透明ならそもそも購入しなかったと思います。写真で見せるのなら、本当の姿を見せて欲しいものです。そうでないと、お互い無駄な時間と労力、お金を使ってしまうので。

結局、ケースではなく、冷却ファンを取り付けられるユニットを購入しました。そちらの方が、セットで組みやすいのと、GPIOにアクセスしやすいからです。もっとも、ある意味剥き出しなので、埃っぽくなってしまうとは思いますが、そこは気にしないことにします(苦笑)。

電源と、ヒートシンクは別途購入することになったので、費用は増しましたが、代わりに気に入ったものを選べたので、効用は向上しました。

ばりばり使い込むことにします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR