FC2ブログ

CPUを創る

昔、ディスクリートの部品を集めて、いわゆるワンボードマイコンを作ったことがあります。H/Wの設計はもちろんのこと、配線はラッピングワイヤで、しかも拡張性を考慮したので、かなりの敗戦でした(苦笑)。それでも、一発で動作した時にはちょっと天狗になったかも(苦笑)。S/Wも当然自作です。コンピュータの理解が目的だったのですが、そこで得たものは大きかったです。

卒業製作を見ていると、みんな無難な選択をしているようで、できた物はそれなりなのですが、その過程を通じて何を学んだのか、ということになると疑問が飛び交います。もっと挑戦的なものをテーマにしてもよいのでは、といつも思ってしまいます。

自作したワンボードコンピュータは卒業製作ではなかったのですが、1年くらいかけています。まぁ、個人的には卒業研究的な位置づけでした。

今度は、CPUを作ってみようと思います。参考書は『CPUの創りかた』です。IC10で4bit CPUを創る、というコンセプトの本です。デジタル回路の理解にもつながるので、講義で取り上げられないかを視野に入れています。やってみないことにはわからないので、そういう時はやってみることを選択するようにしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CPUの創りかた IC 10個のお手軽CPU設計超入門 [ 渡波郁 ]
価格:3080円(税込、送料無料) (2019/11/20時点)


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR