FC2ブログ

環境センサの読み取り

RaspberryPi上で環境センサの読み取りをいろいろやっていました。提供されているAPIを使おうと思ってやっていたのですが、結論から言うと、APIを使わないで、必要な部分を Wirei ngPをベースに作ることにしました。

確かに、APIを使うとすっきりした形にはなるのですが、汎用性を持たせてあったりして、逆に作りにくいかな、と思ったからです。まずは、仕様書に沿った形でシンプルに作り、その後、形を整える、という方法がよいのではないかと判断しました。仕様書から読み取れない部分に関しては、ソースコードを読めばよいはずです。

その方針で作り始めたのですが、すでに、EEPROMの保存されている補正データを読み出すことができるようになりました。ここができると、I2Cの読み出し部分は動作していることになります。必要部分の実装だけで済むので、ソースコードの見通しもよくなりました.。

これなら、思った以上に早く組み上がりそうです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR