FC2ブログ

プリンシピア

『自然哲学の数学的原理』のことで、ニュートンの著作です。これが、ブルーバックスシリーズから出版されている(予定)ことに最近気づきました。3分冊で出版されるようで、そのうちの1冊はすでに発売されています。2冊目は7月中旬に出版される予定です。3冊目は…わかりません(苦笑)。

以前から読んでみたいと思っていたこともあり、取りあえず、速攻で1冊目を購入しました。索引まで入れると450ページくらいです。となると、3冊では結構なボリュームになります。加えて内容的にもすんなりとは理解できないと思います。まぁ、時間をかけて読む本ですね。

最近、歴史的な名著を読む傾向があります。『国富論』などもその一環です。理由はいろいろあるのですが、「今あるもののそもそものもの」を理解することに意味があると考えているからです。逆に言えば、今のものは複雑になり過ぎて、よくわからないことが多いので、基本に立ち返った方がよいと考えます。

たぶん、手を広げ過ぎかもしれません(苦笑)。ただ、今ならそういう方針で勉強できます。そういう道を選択するのもありかと。

まずは、第一歩から。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR