FC2ブログ

レポート課題が返って来ました

初めてレポートが返されました。ドイツ語(2回目)です。ちなみに、1回目のは1週間も前に提出したのに、まだ添削中です。担当教官が忙しいのですかね。

さて、その内容ですが、単純に計算して61/65の正解率でした。個人的にはもう少し行けるかと思ったので、なぜ間違ったのかを分析してみました。あと3問は正解できたと思います。これは、知識にあやふやなところがあったためです。早速、理解を確実にしました。あとの1問は、最後に意味を確認すれば防げたはずです。それをしないで、形だけの変更をしてしまったことが敗因です。どういう対策を施そうか、と考えているところですが、少なくとも、今回失敗したことは記憶に残るので、同じような問題が来れば、一呼吸置けそうです。

人は基本的には忘れるし、失敗するようにできている、と考えると、変に落ち込まなくてもいいかもしれません。忘れれば覚えればいいし、失敗は繰り返さなければいいだけです。もっとも、前者はよしとしても、後者は”どうやって”の部分がある意味難問かもしれませんけど(苦笑)。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR