FC2ブログ

五行大義(170)

私も「学びの途中」であることをご理解いただければと思います。したがって誤った理解もあるかもしれません。その際にはご指摘いただければと思います。また、内容については適宜集成・追加させていただきます。
-----
雑配を論ず
第五、五常に配するを論ず
-----
思うに、毛公、京房、『漢書』天文志において、すべて土を信としているのは、正しい説であるというべきであろう。その理由は、五常の意義を考えてみれば、仁は、惻隠(あわれみいたむこと)を本体とし、博施(ひろくほどこす)をその働きとしている。礼は、分別(けじめをつけること)を本体とし、践法(正しい道を実践すること)をその働きとしている。智は、了智(さとり知ること)を本体とし、明叡(道理に明らかで聡明なこと)をその働きとしている。義は、合義(道理に合うこと)を本体とし、裁断(是非善悪を裁くこと)をその働きとしている。信は、欺かないことを本体とし、附実(誠実であろうとすること)をその働きとしている。

五行との関係では、木には、覆い繁るという性質があり、これは仁の本体とその働きである惻隠博施と同じである。火には、暗さを滅して明るく照らすという性質があり、これは礼の本体とその働きである分別践法と同じである。水には、潤いを含んで流通するという性質があり、これは智の本体とその働きである了智明叡と同じである。金には、堅く剛く、刃のように鋭利であるという性質があり、これは義の本体とその働きである合宜裁断と同じである。土には、たもちのせ、含み入れるという性質があり、時に応じてあらゆる物を生み出すのであり、これは信の本体とその働きである附実不欺と同じである。

鄭玄や『詩緯』の説では、土を智に当てているが、それは、あらゆることを悟るということについて、智に勝るものはなく、あらゆる物を生ずるということについて、土に勝るものはないからである。水を信に当てているのは、水には潮の干満があり、時に応じて満ちたり干いたりしているからである。この説明は、道理にかなっているとは言えず、証拠も不十分であり、智や信の理に背いている。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR