FC2ブログ

『風はなぜ吹くのか、どこからやってくるのか』

夏季スクーリングで、担当の先生が授業中に紹介した本は基本的に目を通すことにしています。特に、その先生の著作があれば、基本的に購入します。それにサインしてもらう学生も多いらしいのですが、私はそうしたことがありません。明確な意思があるわけではありませんが(苦笑)。

今回、購入したのが、タイトルにある本です。いわゆる、気象に関する書籍です。自然科学系の蔵書はそれなりにあるのですが、その中で、最初の1冊になりました(苦笑)。

今、読んでいるところなのですが、結構面白いです。気象学の枠からはみ出ているのがいいのかもしれません。説明もわかりやすいと思います。こんな本を書いた先生と直接話をしたのですね。やはり大学は面白いところです。

私は通学生ではないし、物理の実験もすべて履修してしまったので、もうお会いすることはないかもしれませんが、来年の夏季スクーリングで、時間があればお話したいと思っています。それまでには一読と言わず、二読・三読して、少し突っ込んだ議論ができればと考えているところです。

こんなことばかりやっているので、なかなか前に進めないのですね(苦笑)。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR