FC2ブログ

須佐神社

※しばらくは、以前参拝した神社の記事を公開したいと思います。
——
いきなりですが、出雲市駅から車で50分くらいの場所に鎮座していました。出雲市からバスが出ているのですが、神社の手前までで、そこからは3km歩くかタクシーしかありません(苦笑)。ということで、私はここに参拝するためだけにレンタカーを使いました(苦笑)。公共交通機関とタクシーを使用した方が安上がりだとは思いますが、時間を考えての決断となりました。結果的にはこの選択は正解でした。

境内はそれほど広くはありませんでしたが、場所が場所だけに、とても静かでした。参拝客もそれほど多くはありませんでした。社名から想像できるように、御祭神は須佐之男命です。他に、稲田比売命、足摩槌命、手摩槌命が祀られています。

出雲国風土記に、「この国は小さい国であるが、よい処である。それで、自分の名は石木につけない、この土地につけると須佐之男命が仰せられて、大須佐田、小須佐田を定められ、自分の御魂を鎮められた」という意が掛かれてあります。須佐之男命の御魂鎮めの御社ですね。確かによいところだと思います。

拝殿の後ろ側に「大杉さん」と呼ばれる樹齢千三百年ほどの老杉があります。とても立派でした。この杉の隣に稲荷社があったのですが、これが何か感じるものがありました。ここのところ、ある意味かなり鈍くなっていたのですが、それでも感じるくらいなので、それなりのパワーがあるのだと思います。今写真を見ても感じます。

他に、七不思議があるようです。個人的にはあまり興味がなかったので、ほとんど意識しないで素通りしてしまいました(苦笑)。時間があれば、それらを丁寧に見て回るものよいと思います。

参拝してご縁を結ばせていただいたのち、御朱印をいただきました。

参拝日:2013/10/19

IMG_0864.jpgIMG_0865.jpgIMG_0866.jpg
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR