FC2ブログ

いじめ

いくつかあるものの中から、比較的わかりやすいものをご紹介します。
- - - - - - - - -
誰が何のために。一人の命(死)は死(命)よりも重い課題を投げかけます。人は最低の線引きの中から最高の目標に向かって命の大切を補う。命の痛みを顧みる心が不足しています。痛みを知れば不安の中で暮らす人々に思い馳せることもできるでしょうに。

悲しい現実に立ち向かうには一人一人の勇気が必要です。他者を窺い知る人生の機微が失われたことで他者を思いやる心が失われました。

いじめは最低のルール(遊び)。いじめには家族の絆が最も重要な要素として絡まり、捨て置けない哀れみとして情が叫ぶ(魂の叫び)。ほぼ同時発信として家族が共有する痛みです。痛みに絡まることが家族の絆。

痛みとは愛する者達の鼓動。哀れみと悲しみの中に共有できる財産が家族の絆。情を尽くしても労りの心がなくば...。愛しても自分だけの責任ではなく、家族の関わりがあることを見識に広めなさい。

いじめは陰湿。かくも人をいたぶり追いつめる行動はどこに情けの欠けらがあるのやら。

人は死を迎える時、木蓮の風に操られ脳裏に人生の縮小が垣間見られることがあります。忘れた過去の記憶の中に「悪かった」と思う場面に遭遇します。思いはかくも理性の発達を余儀なくするのになぜ今、この時点で「悪い」の判断がつかないのか。哀れみをもって知れば人の痛みは命を突き上げる。やたら命を粗末にせずに済んだものを。

愛と言うのは自己責任の追及だけではありません。広く寛大な心も持ち合わせています。神は愛の中に住まう住人。神はあなた方の心。理想の宗教の聖哲を繰り返し時代時代に繁栄する心を指します。

神の愛が知性。何代も移り変わる魂の中に盲目の基準が隠されています。天に傅く人間の知恵が繁栄の動機。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR