FC2ブログ

自然の理を尊ぶこと

いくつかあるものの中から、比較的わかりやすいものをご紹介します。
- - - - - - - - -
そこに山があるから山であり、川があるから川である。自然をないがしろにして甘く観るものではありません。人知を越えたものが自然であり激動という流れなのです。穏やかなる水の流れも一度旋風を起こすと止まりません。自然の理に逆らえば「恐れ」という警告を鳴らします。

自然界にあるすべてのものは大切に保存された水路である(種)。連脈と続く過去世からの動機、命の修復。時代が変わり励む動機が失われ、命の大切さを補うこともできなくなりました。生を論じれば死に対する直面を明かさなければなりません。時代は激しくゆっくりと下降線に入って来ています。

自然の節理を今一度わきまえ、生きている事、生かされている事の励みを知り給え。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR