FC2ブログ

「読まずに死ねない哲学名著50冊」

このタイトルを見た時、「ずいぶんとオーバーだな」と思いました。1回目はスルーしたのですが、2回目見つけた時に購入してしまいました(苦笑)。哲学を専攻しようとしている関係上、哲学者の著作は読みたいと思っていましたし、その際のガイド役があるのであれば、購入しないことはないでしょう。

ガイド役なので、最後は本文を読むしかありません。その際の心得として5つ挙げられています。
  • 諦めずに、粘り強く、自分の頭で考えながら読む
  • 動機をすくい取るように読む
  • 繰り返し読む
  • 仲間と読む
  • 名を残した哲学者だからといって、必要以上に畏敬の念を抱かない

もっともだと思います。私も何冊か挑戦してみたことがありますが、時間が気になり、途中で止めてしまったことがあります。止めてしまえばそこから先に到達できるはずもありません。継続すること、このための時間を別枠で確保すること、何よりも読み遂げようとする強い意志が必要となりそうです。

それから、ここで紹介されている書籍は、「世界の名著」シリーズが多いです。これは現在では出版されておらず、中古でしか入手できません。現在出版されている代わりの書籍があればそちらを使いますが、なければ中古を使うしかありません。古書店巡りも大事かな、と思い始めています。

50冊をこのような読み方で読むとなると、かなり時間がかかりそうですが、まずは1歩を踏み出し、それからその後のことを考えることにします。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR