FC2ブログ

死に則した少年達へ

いくつかあるものの中から、比較的わかりやすいものをご紹介します。
- - - - - - - - -
愛に交わることもなく見つめた幼子達の目蓋に愛の軌道を授けましょう。

死という思い課題に耐え、波の息吹にも似た恐怖が哀れ。死に直面する恐怖と息遣い、全面の翼を広げ迎え入れましょうぞ。

傷ついた小鳥達へ、さぁ、宝の山をお開けなさい。傷ついた小鳥たちへ、愛のラウンドを送りましょう。栄光の誉れ達よ。シンセサイザーの言葉も虚しく傷ついた小鳥達が上がって来ます。

涙と苦しみに揉まれ、痛みと悩みに本能が打ち消され、抵抗を失った者達です。生きる目的が失せ、反応の仕種がおぼつかない者達です。神々の経験の中に迎え入れなさい。痛みによって償いの扉を開けます。

神々の心に今生の理性を零し、痛みに因る過激な反応を許し給え。哀れみをもって救いの道へと導き給え。

天は軽々しい軽率は許しませんがあまりにいたぶりの中にある本能が哀れ。自我の損失が如何ばかりか。煩悩が疼きます。

死は愛をもって償い、死に即した純朴を労います。壊れた命を引き継ぐ使命を下ろしました。神々の手に委ね、安心と回顧の中にゆっくりと上昇するでしょう。純朴な魂だけに許された引き継ぎです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR