FC2ブログ

赤城神社

※しばらくは、以前参拝した神社の記事を公開したいと思います。
——
地下鉄東西線「神楽坂」駅から歩いて1分ほどの場所に鎮座していました。実際に足を運んでみるとわかりますが、周囲は人工物に囲まれていました。うーん、社殿は立派なのですが、神社という雰囲気が伝わって来ない場所でした。もっとも、祀る側の問題のような気がしますけど。ただ、境内には面白いというか、興味を惹くものが...。

由緒ですが、鎌倉時代の1300年、上野国赤城山の麓から牛込に移住した大胡彦太郎重治により、牛込早稲田の田島村に創建された、とのことです。その後、何度か移転され現在地に至っています。江戸時代には徳川幕府によって江戸大社の一つとされ、牛込の鎮守として信仰を集めたそうです。御祭神は岩筒雄命(いわつつおのみこと)で、相殿には赤城姫命(あかぎひめのみこと)が祀られています。

拝殿の隣には蛍雪天神が祀られていました。この名前に引っかかりがあったので、帰宅後に調べてみたのですが、戦災で焼失した北野神社を旺文社の寄付により再興したものだそうです。ということで、命名の謎が解けました。「蛍雪時代」ですね(苦笑)。夏は蛍の光で、冬は雪明かりで勉強するくらいの努力に道真公が加われば鬼に金棒でしょうか。

他に、境内社として「八耳神社」、「出世稲荷神社」「葵神社」がありました。特筆すべきは「八耳神社」でしょう。御祭神は上宮之厩戸豊聰八耳命(うえのみやのうまやどのとよとやつみみのみこと)です。凄い名前ですが、聖徳太子とのことです。聖徳太子が祀られている神社は初めてです。今までのパターンだとここからいろいろ発展して行くのですよね(苦笑)。

参拝してご縁を結ばせていただいたのち、御朱印をいただきました。

参拝日:2012/4/30

IMG_0308.jpgIMG_0310.jpgIMG_0312.jpg
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR