FC2ブログ

信用できない

安倍政権がダメダメなのはわかるのですが、豪京都知事の小池百合子氏が何やら企んでいる、という記事を目にしました。まぁ、この人もダメダメだとは思うのですが、なぜかご本人はそう思っていないようです。政治家って、こういう感覚の人が多いですね。まぁ、人の見方などは一通りではないので、いろんな人物象があるのでしょうが、政治家の”それ”は違う気がします。

ひとことで言えば、「信用できない」ということです。給料うに見合った仕事をしている政治家などいないと思います。率先して身を切れない面々が、何を言っても虚しく聞こえるだけです。

仕事は遅いし、無駄も多いです。普段は説明責任を果たせ、というくせに、自分に矛先が向いた途端、歯切れが悪くなります。こんな人を信用できますか?

公的な給料泥棒ですな(苦笑)。もっとも、それを選ぶ国民が一番バカだという説もありますけど。
関連記事

「文系プログラマーのためのPythonで学び直す高校数学」

数学は不得意ではないのですが、Pythonが学べるのでは、という期待で購入してみたのですが、ちょっと期待外れでした(苦笑)。まぁ、試し読みができたので読んではいたのですが、そこの部分は結構詳しく書いてあったので、その他もという期待を抱いてしまいました。Pythonのサンプルも大したことはなく、数学の内容も文系であってもすでに知っているくらいの内容でした。あぁ、それでも高評価の人が多かったので、本当に数学が不得意な人ならよいかもしれません。でも、これで Pythonは学べません。

久しぶりに外れの本を購入した気がします。結構嗅覚は培われた方だと思っていたのですけどね(苦笑)。折しも、今月号の Interfaceで「科学計算とPythonの研究」が特集で組まれていました。こちらのほうが面白かったです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Interface (インターフェース) 2020年 06月号 [雑誌]
価格:1019円(税込、送料無料) (2020/4/25時点)


関連記事

久しぶりに外出しました

先週末、久しぶりに外出しました。自宅勤務はある意味楽なのですが、歩かない分、体が鈍ったり体重が増えたりします(苦笑)。買い物する必要があったので、近所のドンキまで出かけてきました。

家を出た時、なんか膝の調子がいまひとつだと感じたのですが、この感覚、正しいことがあとでわかりました。なんか、ひっかかるような感じがするのです。そんな状況を騙し騙しながら歩いていたら、ふと、膝の回転がよくなっている気づきました(笑)。体が鈍る、ということを実感した瞬間です。

この外出で歩いたのは3,500歩程度なので、いつもの1/3くらいです。これでは体重が増えるのも合点がいきます。まだ自宅勤務は続きそうなので、自宅でできるようなエクササイズを見つけないといけないですね。
関連記事

C++

業務でWindowsアプリケーションを作ることが多くなっています(苦笑)。ツールといった感じのものが多いですが、中には顧客が使うツールも含まれます。

当初はC#で組んでいました。正直って、使い易いと思いました。ただ、旧資産、例えば、C/C++などのソースを使おうとすると、敷居が高くなります。結局、C++で実装することが多いです。

そのC++ですが、C#に比べると使いにくです。C#なら標準でできることもC++だと実装するか別の方法を取らないといけないことがよくあります。ただ、C++だとネイティブで動作するので、そこが魅力の場合もあります。

結局は、C++、C#の両方を習得して、時と場合によって使い分けるのが現状での最適解なのかもしれません。
関連記事

Apple Music

個人プランに加入して5ヶ月くらいが経過しました。6,000万曲ほどあるそうですが、実際よく聴くようになりました。圧倒的に昔の曲が多いですが(苦笑)。

購入していた時にはちょっとよいくらいでは購入できなかったのですが、定額で聴き放題となると、気軽に手を出すことができます。演歌にも手を出していますね。逆にクラッシくは聴かなくなりました(苦笑)。

ドイツ語や英語の教材もあったりするので、プレイリストに曲を登録して聴いているのですが、これが結構面倒です。条件でプレイリストが作成できればいいと思っていたのですが、スマホにそういった項目がなかったのでできないと思っていたのですが、PCで作ってしまえばスマホからでも利用できますね。ちょっと気付くのが遅れました(苦笑)。

なんか余分な曲まで選択されているようですが、取り敢えずは我慢します(苦笑)。
関連記事

五行大義(253)

私も「学びの途中」であることをご理解いただければと思います。したがって誤った理解もあるかもしれません。その際にはご指摘いただければと思います。また、内容については適宜集成・追加させていただきます。
-----
治政を論ず
-----
治政の治とは治めるということである。物事が秩序正しく行われることをいっている。政とは正すということである。邪でないことをいっている。一般民衆は自ら秩序正しくすることができないので、君主を立てて民衆を導き治めさせる。多くの人々は自ら正しい行いをすることができないので、指導者を立てて、人々を正しい方向に導く。正しい行いをしている者には邪な行いをさせないようにさせ、政治が治っていたら乱れないようにさせる。乱れないから安らかであり、邪でないから善なのである。善であれば盗賊は出ないし、安らかであれば各々が自分の仕事に専念することができる。このようにすると、悪を凌ぎ、災を退けられるのである。また、通行する道路は整然としていて、まむしや蛇も通って行けるし、天子の乗る馬も御すこともできる。(何もかも安心して通ることができる。)
関連記事

ブラタモリ

以前はよく観ていたのですが、突然観なくなってしまいました(苦笑)。面白い番組だとは思うのですが。でも、録画はしてあります。

そのブラタモリですが、奈良・飛鳥をテーマにした回があることを知りました。早速録画してあるものを探して観てみました。

いやぁ、面白かったです。奈良は好きな場所で、かなり足を運んでいます。行ったことのある場所が番組中でも取り上げられていました。行ったところのない場所もあり、車でまわるだけではやはり不十分だと思い知りました。やっぱり、歩くのが一番ですね。今度奈良に行くとしたら、車でまわるのとは別に歩いてまわる日も確保したいと思います。

行きたくなりました(苦笑)。
関連記事

論点・西洋史学

偶然見つけた本です。ひと言でいえば、「論点」だけを集めた本です。こんなジャンルの本は今まで見たことがなったので、速攻で購入しようとしたのですが、売り切れになっていました(苦笑)。再入荷は予定されているようなので、再入荷したら通知してもらうようにし、やっと手に入れました。ちなみに、その後、見てみたら、また再入荷待ちになっていました。うーん、売れているのですね。気になったので巻末を見たところ、初版が2020年4月30日で、第二版が2020年5月10日になっていました。初版後にすぐに重版なんて、やはり売れているのですね。\3,200もする本なのに(苦笑)。

興味があれば購入してみてください。


関連記事

役所のやることは無駄が多い

ずっと言われ続けていることですが、一向に改善がみられないようです。

先日、国民健康保険料を納め過ぎた、との通知がきました。それ自体はよかったのですが、還付を受けるための手続きが面倒なのです。

過誤納付金還付請求書兼口座振込依頼書なるものが送付されてきたのですが、よくよく考えてみれば、納め過ぎた額も保険料の引き落とし先も知っているはずなので、その気になれば、通知だけ行って払い込めるはずです。それなのに、仰々しい文書を送ってきて、こちらの時間を奪うのです。それはつまり、自分たちが余分に仕事をしないといけない、ということであり、双方にメリットがありません。

しかも、書類提出後、実際に振り込まれるのは1〜2ヶ月後だそうです。このご時世にこのスピード感と言ったら、もう言葉もありません。

貴重な税金がこんな公務員に支払われると思うと、腹が立ちます。
関連記事

はじめてのラテン語

こんなタイトルの本が出版されていることに気づき、速攻で注文しました(苦笑)。

ラテン語、興味はあったのですが、文法書を買ってまで習得しようとは思えず、興味がある、という状態が続いていたのですが、今回、少し手を出してみることにしました(苦笑)。注文したてでまだ手元には届いていないのですが、一通りの文法には触れているようなので、楽しみです。

レビューを読む限り、文法的な説明があるにしても、ラテン語に関する読み物、教養書的な位置付けのようです。まぁ、それを期待しているわけですが。

改めて調べてみると、他にも文法書などは出ているうようなので、本格的に勉強したくなってもどうにかなりそうですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はじめてのラテン語 (講談社現代新書) [ 大西英文 ]
価格:1034円(税込、送料無料) (2020/4/18時点)


関連記事
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR