FC2ブログ

『日本書紀』と『古事記』

先日、奈良学雲霞講座(東京講座)に参加してきました。講演内容は題名の通りで、日本書紀と古事記です。どちらも読んだことはあり、それなりに理解しているつもりですが、違った視点による解釈などに巡り会えたら面白いな、と思って申し込みました。

会場は結構埋まっていたと思います。主催者発表だと1,000人くらいだとか。1,500人収容できるホールなので、混み具合からすると、意外に正しい数字かもしれません。ただ、ご年配の姿が多かったような気がします。私よりは上ですね(苦笑)。旅行と絡めて話を聞きにきているのかもしれません。

講演ですが、2本立てでした。「日本書紀1300年の歴史を探る」と「敗れしものへ」です。後者はこれだけだと何が何だかわかりませんが、8世紀の国家のたくらみ、というテーマが与えられれば、想像しやすくなると思います。

肝心の内容ですが、個人的には後者の方が面白かったです。著作も読んでみたいと思い、講演終了後にロビーに向かったのですが、そう言えば、手持ちがなかったなぁ、と思い、ネットで購入することにしました(苦笑)。

また、東京でこういったイベントをやってくれるといいな、と思いました。
関連記事
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR