FC2ブログ

環境センサBME280

環境センサ絡みの話が多いですが、これも環境センサネタです。これまでやっていたBMP180ですが、これって、温度と気圧しか取れないことにいまさらながら気づきました(苦笑)。湿度が欲しければ、BME280を使わないといけません。やってしまいましたぁ。

さっそくamasonで購入しました。すでに手元にあるので、試しにネットにある使ってみました(C言語プログラムです)。メーカーが公開し散るサンプルと、個人が作成したものがありました。

メーカーが作成したサンプルですが、結果的には動作しませんでした。I2C自体の読み出しに問題があるらしく、chip_idが取得できず、そこで止まってしまいます。これって読み出しができない、ということなので、原因追及して動かすか、別の方法を探すかしかないのですが、別の方法を探すことにしました。

個人作成のプログラムですが、こちらはwiringPiを使うもので、私が予定しているものと同じです。さっそくビルドして実行してみたのですが、なんか値がおかしいのです。温度が少し高めに出るのは以前の傾向から予想できました。湿度は湿度計に近い値が出ています。問題は気圧です。かなり高めに出るのです。プログラムのどこかに問題がありそうです。

ということで、結局、自作することにしました(苦笑)。英文仕様書を読みながら、必要な部分はメーカー提供のサンプルソースを読みました。実質、半日くらいかかって一応ソースができたので、試してみたのですが、期待した値からは遠い値でした(苦笑)。どこかに間違いがあるはずなのでソースを見直したところ、補正データを読み出す開始位置がズレていることに気づきました。そこを修正して実行してみたところ、ほぼ期待通りの値となりました(笑)。

基本部分はできたので、低消費電力制御などをやって行こうと思っています。まだまだ先は遠いです。
関連記事
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR