FC2ブログ

環境センサの読み取り

RaspberryPi上で環境センサの読み取りをいろいろやっていました。提供されているAPIを使おうと思ってやっていたのですが、結論から言うと、APIを使わないで、必要な部分を Wirei ngPをベースに作ることにしました。

確かに、APIを使うとすっきりした形にはなるのですが、汎用性を持たせてあったりして、逆に作りにくいかな、と思ったからです。まずは、仕様書に沿った形でシンプルに作り、その後、形を整える、という方法がよいのではないかと判断しました。仕様書から読み取れない部分に関しては、ソースコードを読めばよいはずです。

その方針で作り始めたのですが、すでに、EEPROMの保存されている補正データを読み出すことができるようになりました。ここができると、I2Cの読み出し部分は動作していることになります。必要部分の実装だけで済むので、ソースコードの見通しもよくなりました.。

これなら、思った以上に早く組み上がりそうです。
関連記事

健康診断

本当はもう少し早く行くつもりだったのですが、所用が重なってしまったため、今日行くことにしました(苦笑)。というのも、10月中に受診しないと、次は1月以降になってしまうからです。mustではないので、行かないという選択肢もあるのですが、かかりつけのお医者さんも結果を楽しみにしているようなので、行くしかありません(苦笑)。それに、平日であるにも関わらず、今日は1日freeなのです(笑)。これって、正しく天の采配じゃないですか?

特別な検査は予定にないので、それほど時間はかからないと思います。ただ、眼科の診察はそこでは受けられないので、ちょっと先まで行かないといけません。まぁ、許容範囲です。

循環器系に問題を抱えているので、少しでも改善されていればいいな、と思いつつ、行ってくることにします。
関連記事

学園祭の打ち上げ

出るつもりはなかったのですが、結局、出ることになってしまいました(苦笑)。打ち上げとはなっていますが、単なる飲み会です。普段と基本的には変わらないのですが、卒業生が参戦するところが違います。

なぜ行く気がなかったかと言うと、翌日が月曜日だからです。最近、この手の飲み会では、教育論や学生をどう育てようか、ということで激論になる傾向があります。気がつくと、結構エネルギーを消費しています(苦笑)。つまり、翌日の仕事がきついのです。

今回も、思った通りの展開でした(苦笑)。酒の席とは言え、言ったままでは意味がないので、有言実行に向けて努力を始めるわけです。自分で自分の仕事を増やすことになるのですが、損な性格だな、といつも思ってしまいます。

人を育てる仕事なので、すぐには成果が見えません。いつか見えてくるだろう成果のために、荷物をもう少し増やそうと思います(苦笑)。
関連記事

Microsoftもダメダメですね

起動時にOffice製品が自動で立ち上がる、という不具合があります。ユーザが期待した動作ではなく、かつ、いわゆる新規作成となります。これを不具合と言わず、何と呼んだらいいのでしょうか。

一応、対策はあるようで、修復をかければ、以降、その現象は治まります。しかし、更新系の操作を行うと、次に再起動すると、同じ現象が発生してしまいます。

同じ現象の人はたくさんいるようなので、Microsoftも状況は把握しているのでしょうが、一向に改善されません。まぁ、こういう姿勢は昔からだったし、全般的にMicrosoftの製品はセンスがないので、使わないで棲むのであれば使いたくないところでありますが、現実的には避けて通れません。あぁ、不幸だ。

修復に費やす時間もバカにならないので、いい加減対応して欲しいものです。
関連記事

学園祭

教えている学校の学園祭に行ってきました。本当は行かなくてもいいのですが、道営ても見たい企画があったのです。学園祭にしてはシリアスなテーマで、個人的にはそういうものがあっての学園祭だと思っています。後学のために、観てきました。

内容ですが、医療系をテーマとした研究発表です。正直、そちらの方の知識は平凡なので、さすがにいま学んでいる人には敵いませんでした(苦笑)。ただ、一部工学系のテーマがあったりしたので、その部分はよく理解できましたが。どちらにしても、いい意味で勉強になりました。

私の目的としては、卒業製作発表会でのヒント探しです。正直、今回の発表は完成度が高かったと思います。それに負けないくらいのものができるのか、その辺を考えているところです。

現状では、かなり差があるように感じました。でも、その方がこちらもやり甲斐があるものです。これは心に秘めて、この目標に近づけるように頑張りたいと思います。
関連記事

五行大義(227)

私も「学びの途中」であることをご理解いただければと思います。したがって誤った理解もあるかもしれません。その際にはご指摘いただければと思います。また、内容については適宜集成・追加させていただきます。
-----
七政を論ず
-----
二十六度、時刻は丑であり、分野は呉、五行の気は木である。牽牛六星は橋梁を主り、七政の始とする。

八度、時刻は丑であり、分野は呉、五行の気は木である。須女の四星は巾帛を主り、天の内蔵とする。

十二度、時刻は子であり、分野は越、春夏を水とし、秋冬を火となす。虚の二星は厭堂(廟堂)の祭祀のことを主とする。

十一度、時刻は子であり、分野は斉、春夏を水とし、秋冬を金とする。危の三星を墳墓とし、よって先祖を知るとする。

十七度、時刻は子であり、分野は斉、春夏を水とし、秋冬を火とする。営室の二星を軍粮を主るとし、よって土卒に与えるとする。

十六度、時刻は亥であり、分野は衛、春夏を木とし、秋冬を土とする。東壁の二星を文章図書の府とする。

九度、時刻は亥であり、分野は衛、春夏を金とし、秋冬を水とする。奎の十六星を五兵の庫とし、暴乱を止め防ぐとする。

十六度、時刻は戌であり、分野は魯、春夏を金とし、秋冬を火とする。婁の三星を家畜を養う牧場とし、その家畜を神に供えて祭ることを主るとする。

十二度、時刻は戌であり、分野は魯、春夏を水とし、秋冬を火とする。胃の三星を倉廩とし、五穀が貯えられているところであるとする。
関連記事

segmentation fault

Raspberry Piで環境センサを動作させようとしているのですが、苦戦しています(苦笑)。サンプルプログラムと呼べるものはあるのですが、参考にして実行してみると、初期化のところでsegmentation faultが発生します。普通に考えると、構造体に設定するものが不足していると思うのですが、ゴチャゴチャ書いてあって、欲しい情報がすぐに取得できません。結局、ソースをよく読め、ということなのでしょう(苦笑)。

これを解決しようとしているのですが、結構集中している自分に気付いてしまいました。うーん、やっぱり技術者なのですねぇ。すんなり行って欲しいという気持ちはありますが、トラブルを解決することで付いてくる力もあります。

そうこうしているうちに、何が問題になっているのか、わかりました。これでsegmentation faultは解決できたのですが、実際に環境データを取得するまでにはもう少しかかりそうです。まぁ、方向が見えてきたので、あとはやるだけです。
関連記事

Raspberry PiでFTPを

今まではUSB経由でデータの受け渡しをしていたのですが、せっかくFTPクライアントを購入したので、Raspberry PiにFTPサーバをインストールすることにしました。今後、卒業製作関連で、頻繁にデータのやりとりが必要になるだろう、と見越してです。

手順は、それほど難しくはありません。今回は、piというユーザでFTPできるようにしました。手順は以下の通りです。なお、今回インストールするのは、vsftpdです。

1) FTPサーバをインストールします(vsftpd)
  ・sudo apt-get install vsftpd

2) /etc/vsftpd.confを編集します
  ・sudo emacs /etc/vsftpd.confを以下のようにします
    anoymous_enabel_NO
    local_enable=YES
    write_enabe=YES
    local_umask=022
    ascii_upload_enable=YES
    ascii_download_enable=YES
    chroot_local_usr=YES
    chroot_list_enable=YES
    chroot_list_file=/etc/vsftpd.chroot_list

3) /etc/vsftpd.chroot_listを編集します
  ・ユーザを追加します(今回はpi)

4) vsftpdをリスタートします
  ・sudo service vsftpd restart

これで、FTPでアップロード、ダウンロードができるようになります。
関連記事

Raspberry PiでI2C制御を

Raspberry Piに環境センサを組み合わせる課題を、卒業製作で取り上げている学生がいるので、私の方でも調べています。環境センサというのは、気温や湿度などの情報を測定できるセンサのことです。

インターフェースにはI2Cを使用します。そのため、基本的には2線あれば通信できます。I2Cのライブラリもあったりするので、通信自体はそれほど難しくはないと思います。

問題は、データを読み出す手順でしょうか。ネット上には期待する動作のできるソースコードがあったりしますが、メーカーの提供する仕様書を読みながら作ろうと思っています。仕様書は入手し、目を通したのですが、内容的にはやはりそれほど難しくはありません。読み出しのアルゴリズムがあり、それに従えばよいのですが、その部分がなぜか画像になっていて、拡大しても磁場潰れてしまって読めない部分があるのです(苦笑)。メーカーさんは一体何を考えているのでしょうかね。読めない仕様書なら意味がないことがわかると思うのですが。

仕方がないので、提供されているソースコードを読んでいるのですが、これはこれで随分と面倒に書かれています。いわゆるAPIとしての提供で、簡単に動作を試すためのサンプルプログラムもありません。簡単に試してみる、という環境ではないようです。

まぁ、あまり時間はないのですが、ソースコードを読んで理解しないことには先に進めないので、頑張ることにします。
関連記事

やはりAppleはダメダメですね

Catalinaにアップグレードしたら、メーラーの調子が悪いです。スマートメールボックスという機能があるのですが、それが機能しなくなっています。これがAppleの現状です。機能Upするのもいいのですが、動いていたものを動かなくしてどうするのでしょうかね。早く直していただきたいものです。

ふと、気付いたのですが、メール本文が表示されないものがあります。うーん、ますますだめですね。

他にも動作がおかしいところがいくつかあります。致命的ではないのですが、同じ操作を何度か繰り返さないといけなかったりと、時間と精神的ストレスが溜まってしまいます。最近では、Linuxの方がよいかも、と思ったりもしています。

高くても納得できたので今まで購入していましたが、高くて品質に満足できないのなら、選択する必要はないですよね。一度、徹底的に「正しく動かす」ことに専念した方がよいと思います。

関連記事
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR