FC2ブログ

嫁さんへdona dona

嫁さんにMacBookProを渡すために初期化しました。長い間お疲れ様でした。

嫁さんが今まで使っていたマシンは、かなり古いので、いわゆる、アップデート対象外になっていました。そのため、iPhoneとのミスマッチが起こってしまい、iTunesによるアクセスができなくなっていました。今回の「移動」で、その辺の問題点が解決されます。

それから、(SSDの)容量も増えます。3倍くらいになるので、かなり余裕ができます。この辺のメリットも大きいです。

現在、移行アシスタントによる移行作業を行なっているところですが、まだ終わっていません。ネットワークを増強したので、もっと速く終わるかな、と思っていたのですが、現実は甘くないようです(苦笑)。さっき見たら、あと12時間でした。経験上、もっとかかるのでしょうね(苦笑)。私としては、終わるのを待つだけなので、特に問題はないのですけどね。

移行が終わったら、ウイルス対策ソフトなど、最低限のソフトをインストールして、引き渡すことになります。まぁ、2日がかりですね。
関連記事

五行大義(210)

私も「学びの途中」であることをご理解いただければと思います。したがって誤った理解もあるかもしれません。その際にはご指摘いただければと思います。また、内容については適宜集成・追加させていただきます。
-----
七政を論ず
-----
月について、『春秋元命苞』に、「月は、陰の精気出あって、(同音の)闕(月は満ちたり欠けたりする)という意味である。月の中に蟾蜍と兎がいるのは、陰陽が同居して、互いに助け合っているのである。そして、(自己の性質を)抑制して、陽に和合して調和を保っている。その内部は光り輝き、中和した気が文様を織りなしているように見える。兎がよく走るのは、陽気が動いていることを表している。兎の発する言葉は僖呼というものであり、僖呼とは、温煖(あたたかい)ということである。

月は水の精気である。だから、中は明るく冷気を帯びている。陰気が生じて陰気が充満しないのは、臣下が君に服従しているからである。満月の日に月が満ちるのは、天象と地象が和合しているからである。満ちたのち欠けるのは、服従して尊大なものの方を向くということである。その月(月の気)は、卑しく、卑しいのでうわべをつくろうために、横糸の役目をする。陰気は陽の精を接受する。それゆえ、陽の精は、陰気の内部に存在する。だから、陰気を含む金(少陰)、水(大陰)は光を内蔵する。光を内蔵しているので、陰の精はじっとして動かない。月は陰の精であるので、それ自体は光輝かないが、太陽が月を照らす力を借りて明るく見えるのは、それはちょうど、臣下が自らに威力はないが、君主の勢力を借りて、その威力を発揮するようなものである。

月の初めは、(月が)太陽に真正面に向き合わないので、太陽の光が当たらないところがあるから、欠けて見える。月の半ば(十五日)には、太陽と相対する位置にあるので、太陽の光が全面に当たるので満月になる。十六日以後は、だんだんと欠けるのは、まただんだんと太陽の光が当たらなくなるからである」とある。
関連記事

プリンシピア

『自然哲学の数学的原理』のことで、ニュートンの著作です。これが、ブルーバックスシリーズから出版されている(予定)ことに最近気づきました。3分冊で出版されるようで、そのうちの1冊はすでに発売されています。2冊目は7月中旬に出版される予定です。3冊目は…わかりません(苦笑)。

以前から読んでみたいと思っていたこともあり、取りあえず、速攻で1冊目を購入しました。索引まで入れると450ページくらいです。となると、3冊では結構なボリュームになります。加えて内容的にもすんなりとは理解できないと思います。まぁ、時間をかけて読む本ですね。

最近、歴史的な名著を読む傾向があります。『国富論』などもその一環です。理由はいろいろあるのですが、「今あるもののそもそものもの」を理解することに意味があると考えているからです。逆に言えば、今のものは複雑になり過ぎて、よくわからないことが多いので、基本に立ち返った方がよいと考えます。

たぶん、手を広げ過ぎかもしれません(苦笑)。ただ、今ならそういう方針で勉強できます。そういう道を選択するのもありかと。

まずは、第一歩から。
関連記事

新MacBook Pro

出荷した、という連絡があったので、届くのを楽しみにしていたのですが、配達状況を確認したら、上海からでした。これ見た瞬間に、「中国かぁ」と、思わずつぶやいてしまいました(苦笑)。

日本の企業の中にもいい加減な仕事をするところはありますが、総じて日本製は信用しています。中国の企業にも優れたものはありますが、総じて中国製となるとあまり信用できないのが個人的な現状です。今使っているマシンも中国製(正確には中国で組み立てられたもの)です。

ふと、「組み立て国』を指定できたら、面白い?などと考えてしまいました(苦笑)。しかし、このくらいの精密なものになると、手作業で行うわけではないので、どこで作っても同じなのかもしれません。あとは、イメージの問題ですね。

イメージのようなものは、一朝一夕に作られるものではないので、そのイメージにあぐらをかくことなく、努力を続けていって欲しいものです。

今度手元に届くマシンは長く使用する予定です。それを見越して、少し大きめのスペックのものを購入しました。修理などに出さなくてもよいことを祈ります。
関連記事

macOSが落ちやすくなった

最近気付いたのですが、macOS Mojaveにしてから、OS自体が異常終了することが多いです。よく、その旨のダイアログが出てくることがあります。使い方には変化がないので、基本、OS側に何らかの問題がある、と考えているのですが、確証はありません。ただ、気になるアプリはあります。これが立ち上がっていると落ちることが多いような気がします。まぁ、取りあえずは尾行して、証拠を掴むしかありません(苦笑)。

もっとも、近いうちに新MacBook Proが届くので、こちらと対比させるのもいいかもしれません。ただ、お下がりは嫁さんに行く予定なので、悠長に観測している時間はありませんが。

個人的には、新しい機能にも興味はあるのですが、やはり、安定第一だと思います。もっとも、MacOSだった頃のように、爆弾マークを表示してOSごとお亡くなりになる、ということはなくなったので、最悪、作成中のものがダメになるくらいです。それでも、そのために時間を費やすことになるので、やはり安定第一に限ります。

それでも、新しいOSが出たらインストールするのでしょうね(苦笑)。秋が楽しみです。
関連記事

NAS、復活

修理に出したNASですが、戻ってきました。修理内容を確認したところ、ドライブユニットの不具合とのこと。結局、本体丸ごと交換(つまりは、新品)したみたいです。わざわざ、シリアル番号が変わりました、とありましたし(苦笑)。

早速セットアップしました。あと、設定も変えました。前回はよくわからなかったところもあ流のですが、結構、マニュアルを読み込んだので、それを反映させた形です。ただ、やっぱりしっくりこないところもあります。自分が悪いのかとも思ったのですが、やはり、マニュアルがユーザー視点で書かれていない、ということが一番の原因だと思っています。

書き込み制限をつけたのですが、その成果が出るのはまだまだ先なので、様子見はしばらく続きそうです。実際の使用は、新MacBook Proが来てからにしたいと思います。
関連記事

夏季スクーリングの講座が決まりました

先月申し込んだ夏季スクーリングの講座が決まりました。2科目だけの受講ですが、どちらも第一希望が通りました。まぁ、単位の取得率がよくないので、手心を加えてくれたのでは、と思っているところです(苦笑)。

たぶん通るだろうな、という予想のもとに経済学と法学の勉強を始めていたのですが、法学はまだ何とかなりそうな気がするのですが、経済学はかなり頑張る必要がありそうです(苦笑)。講義までに読んでおきたい本は1冊だけではないので、その辺を意識する必要もあります。一応、基礎的なものを選んで読んでいるつもりですが、もっとレベルを下げないといけない、ということでしょうか(苦笑)。

先が思いやられます。しかし、進むしかないです。
関連記事

ピアノ

昔習っていました。久しぶりにピアノの前に座ってみたのですが、かなり下手くそになっていました(苦笑)。指の動きがぎこちなかったです。弾いてみようとした曲は「Baby, God Bless You」です。

曲に挑戦するのはよいとして、まずは、この指をもう少しまともにしないといけません。ということで、まずは、「ハノン」ですね。フィンガートレーニング用の教本です。楽譜があったはずなのですが、家族の誰かがしまったらしく、すぐには見つかりませんでした。仕方がないので、記憶を頼りに少し練習してみました。ボロボロでしたね(苦笑)。

まぁ、そこまで落ちてしまったのなら、もう一度這い上がるしかありません。まずは、毎日時間をとって練習するようにしたいと思います。曲の方は、持っている楽譜には運指がないので、その辺を考えながら楽譜を見ていきます。

あとは、実際の演奏を楽譜を見ながら聞きます。「弾きたい」という強い意欲が何事も上達の鍵になるので。脳の老化防止にも役立ちそうです(苦笑)。
関連記事

五行大義(209)

私も「学びの途中」であることをご理解いただければと思います。したがって誤った理解もあるかもしれません。その際にはご指摘いただければと思います。また、内容については適宜集成・追加させていただきます。
-----
七政を論ず
-----
『漢書』天文志には、「太陽は君主の象徴である。だから、君主の行動がせっかちであると太陽の運行が速くなり、君主の行動がゆったりしていると、太陽の運行は遅くなる」とある。速くなったり、遅くなったりして、その法則が乱れると、太陽が欠け、日蝕となる。日蝕は、黄道と赤道が交わるところに見られる。また、日蝕とは月が太陽を浸蝕することで、臣下が君主を凌駕する現れである。従って、日蝕となったら、君主は徳行を修めて、災いを払除かなければならない。
関連記事

MacBook Pro購入

騙し騙し使ってきた現行マシンですが、カーソルが勝手に動いていくという心霊現象?が頻発するようになったため、思い切って新製品を購入しました(笑)。まぁ、いつかはこの日が来るとは思っていたのですが、10月には消費税も上がるようなので、この機会に購入してもいいかな、と思っていました。一応メモリは32G、SSDは1Tにアップグレードしてあります。Apple製品なのでそれなりの価格となりますが、Windows PCを別途購入しなくてもよいと思えば、それほど割高でもないと思います。まぁ、使い慣れているものが一番よろしいかと。

今回は、学生・教員向け価格で購入させていただきました。この過程で知ったのですが、通信教育課程は放送大学のみなのですね。他の大学でもよかった気がしていたのですが、規則自体は変更ないとのことなので、私の勘違いかもしれません。結局、教職員の方で購入しました。こちらは非常勤講師でも構わないそうです。

あとは手元に届くのを待つだけです。旧データの移行などの作業もありますが、基本的には、まったく新しく使いたいと思っているので、必要最小限の移行しかするつもりがありません。余分なソフトはインストールしないようにするつもりです。
関連記事
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR