FC2ブログ

書籍の整理

部屋の模様替えのお話を先日したのですが、よい機会だったので、蔵書の整理も行いました。今までは技術書が多かったのですが、最近は大学関係の本(歴史や経済、哲学など)が増えています。収納場所が無尽蔵にあればいいのですが、現実を考えると取捨選択をするしかありません。今後は技術的なものからシフトするので、技術書を対象に整理しました。

技術書は大体2種類に分けられます。基本的な部分を扱っているものは、時が経過しても内容が古くなることはあまりありません。一方、特定のものを対象にしたものは、次に関心が移れば基本的には内容が古くなってしまいます。特定バージョンの言語仕様などが該当します。

そこで、Objective-Cに関するもの、特定バージョンを前提にした開発解説書などを一掃しました。捨てる時には大胆さと過去のデータが必要ですね。「また使うかも」と思うと何も捨てられなくなるので、ある期間参照しなかったら捨てる、みたいなルールが必要になります。また必要になれば買えばいい、という割り切りも必要ですね。

技術書なので、取っておいて値段が上がるものでもないので、今回、かなり捨てました。捨てたあとに、モノによっては、学校に寄贈するみたいなことはできないのかな、と思いました。技術系の雑誌なら、引きとってもらえそうな気がしますので、一度確認してみることにします。
関連記事
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR