FC2ブログ

穂高神社

※しばらくは、以前参拝した神社の記事を公開したいと思います。
——
長野県安曇野市穂高に鎮座しています。「安曇野」、何てよい響なのでしょうね。大学生の時に、一度来たことがあるのですが、その時は、わさび園にしか行きませんでした(苦笑)。

境内は広く、気持ちのよい場所でした。参拝客はあまりいなかったので、ゆっくりと参拝することができました。境内には樹齢500年を超える杉や欅の木がありました。あと、この神社には、鶏がいました。鶏というと、石上神宮が有名だと思いますが、そこ以外では見たことがないかもしれません。写真に撮ってきたのですが、言われないとわからないかもしれません(苦笑)。写真を見る際にはご注意いただければと思います(最後の写真です)。

縁起ですが、創建は不詳とのことです。927年に選定された延喜式神名帳には、名神大社に列せられていたので、遅くともその頃には存在していたことになります。

御祭神ですが、穂高見命(ほたかみのみこと)、綿津見命(わたつみのみこと)、瓊々杵命(ににぎのみこと)です。綿津見命は海神なので、海のない長野県に?と思ったのですが、安曇氏の祖神とのことです。北九州に栄え、海運を司ったことを考えると納得できるのですが、その氏族が、なぜ長野県に来たのかについては、興味があります。

参拝してご縁を結ばせていただいたのち、御朱印をいただきました。

参拝日:2014/6/1

IMG_1431.jpgIMG_1434.jpgIMG_1435.jpg
IMG_1439.jpgIMG_1440.jpgIMG_1442.jpg
関連記事

マイクロマウス(#0)

授業開始までは、あと半年あるので、まずは、サークル活動としてやっていけるように準備を開始することにしました。何事も、計画と準備です。これで成否の大部分が決定してしまいます。

まずは、サークル参画者のための、場所を作ることにしました。幸いなことに、redmineが導入されているようなので、そこを間借りしてプロジェクトを新規に作成しました。今は、ここを充実させているところです。サークルとしての活動は9/4を予定しているので、それまでの間にやらないといけないことをチケットで切り出しました。

redmineは導入してあるのですが、使い方というか、そういったものがなっていないと感じました。これは教員側の姿勢の問題だと思うのですが、ツールを提供して終わりではありません。使い方のヒントは与えないといけません。拙い私の作りを見て、参考にしてもらえれば、と思っています。

あと、肝心のソース管理システムが導入されていません。まぁ、ひとりで開発することが多いので、困らないのでしょうが、それでも、ソースの履歴がわかったりすると便利です。何より、ソフト屋さんには必需品です。今から親しんでおくのはメリットがあります。

ということで、導入しようと思っているのですが、私の独断で進めるわけにもいかないので、相談が必要になります。個人的には、gitを考えています。

ソース管理はすぐには必要ないのですが、文書管理もできると便利です。なので、導入は急ぎたいと思っています。教育も必要ですね。時間は限られているのに、やれる人が私しかいないので、とても忙しい1ヶ月になりそうです。夏期スクーリングもありますし(苦笑)。
関連記事

学校説明会

子どもが来年高校受験だということを以前お話ししました。その流れの中で、「学校説明会」なるものへ行ってくることになりました。私が同じ年の頃には、高校自体の選択肢がほとんどなかったし、説明会もありませんでした。単願で県立の進学校を受験したのですが、落ちていたらどうするつもりだったのでしょうね。いまとなっては、思い出すこともできません(苦笑)。

手始めは、自宅から5分くらいのところにある高校です。高校があることは知っていたのですが、意識したことはあまりありませんでした。基本的には学校説明会に行けば説明してもらえるのですが、調べられることは調べてから臨むのが私の性格なので、調べてみました。ちなみに、私立です。

調べてみると、かなりユニークな高校であることがわかりました。その詳細についてはここでは述べませんが、私立は高い、という理由だけで除外するのは間違いだと考えるようになりました。もともと、「見合う」ものには出費していました。単なるケチではありませんよ(苦笑)。

いまひとつ気乗りしなかったのですが、いまでは話が聞けて、実際に見られることが楽しみです。
関連記事

五行大義(162)

私も「学びの途中」であることをご理解いただければと思います。したがって誤った理解もあるかもしれません。その際にはご指摘いただければと思います。また、内容については適宜集成・追加させていただきます。
-----
雑配を論ず
第四、蔵府に配するを論ず
-----
(五臓の精を)節制すれば、四大(道・天・地・王)の安定を得、これを欲しいままにすれば、五臓を患ってしまう。『黄帝内径素問』には、「肝臓は将軍の器官であり、謀を出す。心臓は心や身を守る重要な器官であり、人智を超えた聡明さを出す。脾臓は食物の貯蔵の器官であり、五味を出す。肺臓は大臣や養育係のような器官であり、秩序や節度を出す。腎臓は身体を強固にする器官であり、巧みな技を出す」とある。

「肝臓は将軍の器官であり、謀を出す」について説明すれば、木の性は仁であり、仁は必ず深く思い遠く慮ることができ、常に万物を豊かに安定させいようとするものである。将軍は、兵士を統率する指導者であり、必ず思慮を第一の重要ごととする。だから、『兵書』には、「将軍の仁徳によって兵士を登用すれば、それによって兵士を得られないということはない。また、将軍の仁徳によって賞を公平に分配すれば、兵士は必ず悦ぶ」とある。また、「将軍に謀がなければ、士卒は憂い、将軍に慮りがなければ、士卒は去ってしまう」とある。だから、肝臓は将軍の器官であり、謀を出すのである。

「心臓は心や身を守る重要な器官であり、神のような聡明さを出す」について説明すれば、火は南の方角で、太陽が光り輝くものであり、人君の象である。精神を身体の君主とするのは、君主が南面して天下を治めるようなものである。『周易』では、離の卦を火としており、それは太陽の位にあって、人君の象である。人の運動や情性の働きは、必ず心によって起こるのである。だから、心臓は心や身を守る重要な器官であり、神のような聡明さを出すところなのである。
関連記事

今年の夏は

まだ7月なのに、23日には、国内観測史上最高となる41.1度が熊谷市で記録されました。暑さと売りにしていたところです。「あついぞ熊谷」というキャッチコピーが有名ですが、賛否両論があるみたいです。やめるやめないの話が出ていて、結局どうなったのかは知りませんが、どうであれ、私は、そんなところには住みたくありませんけど(苦笑)。

気になって少し調べてみたのですが、いまは「暑さ対策」に力を入れているようです。まぁ、悪いことではないので頑張っていただきたいですが、結局、「暑い」ところである、という事実は変わりそうもありません。

ちなみに、41.1度が記録された日は、折しも「大暑」でしたね。二十四節気で、一年中で最も暑い時と言われています。もっとも、毎日が大暑のようなものですけど(苦笑)。

日本だけでなく、世界的にも暑い夏になっているようです。人間がバランスを崩した影響であれば自業自得ではありますが、とばっちりを食らうのはいつも他の生物ですね。そろそろ、そういった視点で物事を判断してもいいのではないかといつも思っています。
関連記事

安倍晴明より

いくつかあるものの中から、比較的わかりやすいものをご紹介します。
- - - - - - - - -
生命の論儀を片づけます。往きて語りて真菰(まこも)を編む草といたします。

人は皆、命をもって耕しとす。神は清廉手管(方法の中から)の中から命の貢ぎとしてこの世を治める価値を持つものでございます。神は世の条理の中にある手練手管なる諸般を片付けるためにユリウスなる星座を引き連れ、隕石なる落下としてこの地球上の生物として数億年の滞在なるが、天に潜られて幾億年も地表に表れることはなかった。神はその存在を明かすこともなく、まほろじ(?)の君として世界の中の人影に隠れておしまいになった。その姿、表れる時、この地球が粉砕の時期に来ていることの前触れ。情緒も安定もすべてが闇の攻撃を前に為す術もなく打開の道もついばまれる。

昨今の事情も含め、聖王なる翼の君はこの地球上に、この日本国に隠れておいでになる。すべての攻撃が滑り落ちるところまで落ちた時、神は条理の中にある誠を下さるであろう。

すべてが認識の世界。神を見ることも叶わぬであろうが陰徳の澆季が乱れた時代に末法の世の初めにすべてを認識の中に納めるために神がこの世に潜在することを証として晴明、論儀といたします。
  • 陰徳の行、慎み深く
  • 徳の上塗りは恥ずかしめ
  • 生命の掟はあがなうこと
  • 罪は万物への見下げ
  • 欲は空回りの畜生道
  • 憎しみは因下(いんげ)因縁の基となる
  • 争いは冒涜汚すこと
生(せい)は天にあり命(めい)はくだることで命のつながりとなる。生命の論理はつながる綾と解く。生を受けた者は自己の輪廻の中から道徳を学び、転生への価値となる。生まれ変わる基礎を作っていると申し上げねばなるまいか。

道徳の端に貢ぐ物が神への感謝であり仏への感動である。

海に水を足してもこぼれはせぬが人は溺れる。欲に目が眩み、物事のつかえがなくなると増長の思い満面にて貧しい心となる。この貧しさが今の世の中を作った原因でもある。

貧しさは人の心を置き去りにして栄耀栄華の栄えとなるが、沈滞も激しいものとなる。地盤沈下である。物事の基礎のないところに栄華の花だけが咲いた報いである。

陰陽道の先見でも神と同等の意識はない。神の前で陰陽の形式など語れぬでござる。神を知ることと知らぬでは同等の意識であったものが...。天に比べた価値の中から物事の判断を仰いだものだが、ものの価値ではない。恐ろしい空間と無の絶頂に位置する方を目の前に語るとは恐怖でみみずくになり申す。
関連記事

output型へのシフト

今まで勉強してきて、以前から感じていたのですが、input型の勉強はダメですね。正直なところ、この型だと、いくら勉強しても際限がないような気がします。まぁ、無限の時間があれば納得できるところまでやれるのでしょうが、現実は時間は限られています。その中で成果を出すには、output型にシフトする必要があります。

もっとも、outputをまったくしていないわけではないのですが、比重を思いっきりoutputにかけたいと思っています。そうすることで、どこまで自分が理解できているかがはっきりすることになります。足りない部分はinputしながら補えばいいでしょう。
関連記事

戸隠神社

※しばらくは、以前参拝した神社の記事を公開したいと思います。
——
長野県長野市北西部の戸隠山周辺に鎮座しています。単一の神社というよりは、5社でひとつ、というイメージです。5社とは、宝光社、火之御子社、中社、九頭龍社、奥社です。

以前から参拝したいと考えており、この際だから、ということで、子どもと一緒に参拝しに長野県まで出かけてきました。

結論から先に言うと、火之御子社に参拝するのを忘れてしまいました(苦笑)。もう一度来い、ということなのかもしれませんね。

車で移動し、宝光社からは、徒歩で移動しました。奥社までかなり歩いたと思います。ただ、あまり疲れた気はしませんでした。自然の気が満ちていたからかもしれません。特に印象的だったのは、奥社への参道のクマスギの並木です。樹齢400年を超えているそうです。ここに居ながら、いろいろな風景を見てきたのでしょうね。

縁起ですが、いろいろあるようです。一説には現在の奥社の創建が孝元天皇5年(BC210年)、また、奥社の地で修験を始めたのが嘉祥2年(849年)、日本書紀では、685年に仮の宮を造り、691年に持統天皇が使者を遣わせたとあるようです。

御祭神ですが、宝光社は天表春命(あめのうわはるのみこと)、火之御子社は天鈿女命(あめのうずめのみこと)、中社は天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)、九頭龍社は九頭龍大神、奥社は天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)です。

戸隠神社への参拝はリベンジするとして、あと、諏訪大社へも参拝したいものです。この組み合わせ、実現するのはいつになることやら(苦笑)。

参拝してご縁を結ばせていただいたのち、御朱印をいただきました。

参拝日:2014/5/31

IMG_1396.jpgIMG_1397.jpgIMG_1398.jpg
IMG_1402.jpgIMG_1404.jpgIMG_1410.jpg
IMG_1412.jpgIMG_1413.jpgIMG_1421.jpg
IMG_1417.jpgIMG_1420.jpgIMG_1422.jpg
関連記事

グッド・ドクター

「グッド・ドクター」というタイトルの番組が録画されていました。どこかで聞いたことのあるタイトルだなぁと思って観てみたのですが、以前、観た韓国ドラマの日本版でした。

韓国版はHuluで観ました。自閉症でサヴァン症候群の青年が小児外科医を目指して努力する、という内容のドラマです。個人的に、韓国のドラマはそれなりの回数があるので、内容がしっかりしている気がしています。観ていて面白かったです。

日本版はまだ2回しか放送されていませんが、何か薄い印象をすでに持っています(苦笑)。リメイクするのであれば、原作を超えるようなものを作ってもらいたいと思うのは、私だけでしょうかね。キャストがハマっていない気もします。

この件、ちょっと調べたのですが、アメリカ版のものもあるようです。このドラマ、どんな出来なのか観て観たいです。Huluでやらないかなぁ。
関連記事

血液検査の結果

高血圧治療の一環として、先月血液検査したお話を以前しました。昨日、定期検診に行ったので、そこで結果を聞いてきました。

結論から言うと、気にしていたコレステロール関連の数値は微増でした(苦笑)。あと、なぜか尿酸値も微妙に範囲外でした。0.1ほどですが(苦笑)。食事にも気を使っていたつもりなのですが、こんな結果が出るとは個人的には意外でした。ただ、先生が言うには、これくらいなら誤差の範囲だそうです。

そう言うものの、やはり微増であっても嫌なものです。一度、これらが増加する原因をきちんと把握した方がよいかもしれません。「思い込んでいる」可能性もあるので。

尿酸値の増加は意外でした。普段は飲酒しないので無縁だと思っていたのdすが、食べ物以外でも、例えばストレスでも値は上昇するのですね。これなら心当たりがあります(苦笑)。

10月に、定期健康診断を受診する予定です。3ヶ月以上あるので、そこでどうなるかで判断することにします。いくら何でも、6ヶ月もあれば、「変化」があれば見えるはずです。
関連記事
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR