FC2ブログ

病院

よく通っている病院(以後、K病院)の近くに別の病院(以後、F病院)が新しく開院しました。去年の11月の頃です。知ってはいたのですが、病院のお世話になることもなかったので、足を運ぶことはしませんでした。もっとも、K病院に満足しているわけではありません。的確な診察をしてもらず、その晩に救急車で別の病院に運ばれたこともあります(苦笑)。そういうこともあり、選択肢が増えるならば病院を変更したいと思うようになりました。

そんな折に、去年受診した健康診断の結果が返ってきました。予想通りとは言え、血圧がかなり高くなっており、薬による治療に切り替えないといけないな、と思い、健康診断の結果を持ってK病院に行きました。健康診断を受診した病院で、その結果に対する説明を1回だけ無料でやってくれるからです。

ところが、その日、待てど暮らせど名前が呼ばれませんでした。1時間半ほど待ったのですが、それ以上待ちたくなかったので、診察をキャンセルし、F病院へ向かいました。

F病院、ガラガラでした(苦笑)。あまりの人のいなさで逆に心配になったのですが、今更K病院に戻る気もなかったので、そこで診察してもらいました。無料で診察してもらえるところが有料になるのですが、時間の浪費を考えれば安いものかもしれません。

思った通り、診察はすぐに呼ばれ、薬も処方されたのですが、併設された薬局もガラガラでこちらもすぐに対応していただきました。

1ヶ月後にまた来院するのですが、病院、潰れなければいいな、と思っています(苦笑)。
関連記事

一言主神社

※しばらくは、以前参拝した神社の記事を公開したいと思います。
——
筑波山神社から車で1時間半ほどの場所に鎮座していました。事前情報で、初詣参拝客が15万人と知っていたので、それほど混んでいないかな、と思っていたのですが、この予想は完全にはずれました。まず、駐車場に車を止めるまでにかなり時間がかかりました。その後、参拝するまでに長蛇の列に並びました。今回、4社巡ったのですが、その中で唯一長時間並んでの参拝になりました。初詣参拝者81万の笠間稲荷神社でさえ、並ばずに参拝できたのに、初詣参拝客15万の神社で並ぶことになるとは思ってもいませんでした。それだけ、この神社が篤く信仰されている、ということなのかもしれませんね。

さて、この神社の第一印象ですが、「古い」という印象を持ちました。あとで調べてみたのですが、創建は809年だそうです。今の社殿のある辺りにあやしき光が現れ、数夜ののちに雪の中からタケノコが生じ、1本が3つに枝分かれした不思議な「三岐の竹(みつまたのたけ)」となり、村人たちがお祓いをしたところ、一言主大神と名乗ったとのことです。

一言主大神は大国主命の御子神で、事代主命と同一神であるとされています。「古事記」や「日本書紀」によると、雄略天皇が葛城山に鹿狩りに行き、そこで「面貌容儀、天皇に相似」の一言主大神に出会った、と伝えています(内容は扱っている書物によって異なっています。当時の勢力関係が反映されているものと考えられます)。その中で一言主大神は「吾は悪事も一言、善事も一言、言い離つ神」とおっしゃられたことから託宣神、言霊の神として古くから信仰されてきました。 また「一言願わば、良き事につけ、良からぬ事(心配事、病気、災難等)につけ、良く聞き分けて御利益を授けてくれる神」と云われ、万能神としての信仰を広く集めています。

境内はそれなりに広く、四の鳥居までありました。拝殿の屋根がやけに低かったのが印象に残っています。

奈良県にある葛城一言主神社が総本社なのですが、こちらには参拝したことがないので、今年、参拝してみたいと思っています。縁と時期が合えば道筋は整うと思います。

参拝してご縁を結ばせていただいたのち、御朱印をいただきました。

参拝日:2014/1/4

IMG_1086.jpgIMG_1087.jpg
関連記事

電車でGO! PLUG&PLAY

個人的にはゲームにはあまり興味がないのですが、子どもが電車好きなこともあり、この製品は予約までして購入してしまいました(苦笑)。

ベースはPlayStation(R)2用専用ソフト「電車でGO! FINAL」であり、これを高解像度化、ワイド化したものとなっています。また、マスコン型コントローラをゲーム機本体としており、この中にすべてが詰め込まれています。ですので、これとテレビをケーブルで接続することでゲームを楽しめることになります。

必要なのは、HDMIケーブルとUSBケーブルです。USBケーブルは電源供給用として使用します。HDMIケーブルは自宅にあったのですが、USBケーブルの方が合うものがなかったので、ちょっと手間取っています。それに、この装置は1Aを必要としていることも考慮する必要があります。電源なので、付属してもよかったのでは、と思っています。

ということで、いくつか障害はあったのですが、クリアしてプレイしてみました(とはいっても、子どもですが)。絵は綺麗になったので、まずは満足です。そんな折、購入先から「不具合のお知らせ」メールが届いているのに気づきました。何でも、山手線内回りで、大崎〜新宿を選択してプレイを開始すると、恵比寿駅でゲームが進行しなくなる、とのこと。これって、普通にプレイすればわかるようなレベルの不具合です。

まぁ、人のやることなのでエラーは付きものですが、出方が問題ですね(苦笑)。
関連記事

検定試験

神社検定弐級、申し込むなら建国記念の日しかないでしょう。ということで、申し込んだのですが、事件が起こったのはその後です(苦笑)。申し込み元へ戻ると思ってクリックしたのですが、戻った先は「検定、受け付けています」でした。

このサイト、日本で行われている各種検定試験の決済を担当するようです。それはさておいて、いろんな検定試験があるのですね。いくつかあげてみると、「ととけん」(日本さかな検定)、「ねこ検定」、「鬼灯の冷徹検定」(アニメ「鬼灯の冷徹」の検定)、「大阪検定」など、多種多様です(苦笑)。神社検定もここを利用しているようですが、(初耳ですが)「お寺検定」というのもありました。きっと、神社検定に触発されたのでしょうね(苦笑)。

日本は平和だなぁ、と感じた瞬間でした(苦笑)。

興味がある方はこちらへ
関連記事

五行大義(140)

私も「学びの途中」であることをご理解いただければと思います。したがって誤った理解もあるかもしれません。その際にはご指摘いただければと思います。また、内容については適宜集成・追加させていただきます。
-----
雑配を論ず
第三、気味に配するを論ず
-----
また、「肺の病には、糯米(もちごめ)の飯、牛肉、棗(なつめ)、葵(あおい)を食べるとよい。心の病には、麦、羊肉、杏(あんず)、薤(おおみら:らっきょうのこと)を食べるとよい。腎の病には、大豆、黄色い黍(きび)、葱(ねぎ)を食べるとよい」とある。この悟浄は、食べるべきものについて述べている。

肝・心・腎の三臓は、実(虚に対して充実したもの、の意)である。だから、各々その本来の五行に配当される食物をもってこれを補うのである(すなわち、火に配当される心の病の時には、火に配当される食物をとり、水に配当される腎の病、木に配当される肝の病の時も同様に、各々、水、木に配当される食物をとる)。また、脾・肺は虚(実に対して、空虚なもの、の意)である。だから、各々の五行の子や母に配当される食物をもって養うのである(すなわち、金に配当される肺の病の時には、金の親である土に配当される食物をとり、土に配当される脾の病の時には、土の子である金に配当される食物をとる)。
関連記事

漢検用テキスト、入手しました

受検を決めれば、そこから先は早いです。10月に受検予定なので、8ヶ月はあるのですが、その間に神社検定弐級も受検するので、実質的にはそんなにはありません。もっとも、あまり時間があってもエンジンがかからなければ意味がないし、エンジンがかかっている状態を維持する必要があるので、そこのところは腕の見せどころです。

テキストの内容をさっと見てみたのですが、さすが準1級ですね、かなり力を入れないといけないことがわかりました。やはり一足飛びに1級を目指さなかったのは正解です。

もっとも、私がいま読んでいるもの、今後読みたいものを念頭に置くと、これでは役不足です。将来的には1級取得を目指した方が、相乗効果が見込めるかな、と思っています。

長い道のりになりそうです(苦笑)。

関連記事

クローン人間について

いくつかあるものの中から、比較的わかりやすいものをご紹介します。
- - - - - - - - -
外国の新興宗教団体の科学者がクローンベビーの誕生を発表したが、生に対する冒涜ではないのか
生がいかなる疑点で囲まれようとも生まれた命を分け隔てすることはできません。神が網羅の形象を与えようとも自然実理が審判である。

宗教者がいかなる価値を定めても神の定めではない。人間の行為に及ぶ実理である。

生に対する冒涜は人間の行為である。

宗教が科学と密着するのは理を越えた要求を求めるからです。
イタリアでもクローンベビーが生まれるとのことだが
医師の倫理観と道徳観の問題である。

邪気のない子を慈しみ育てるのは親である。親のモラルが子への対応である。

人間の罪は行為の立証である。動機は愛であっても行為が罪になることもある。

罪は己の立証である。
関連記事

ドイツ語 第1部

細く長く続けていた『ドイツ語 第1部』がやっと終わりました。途中、前に戻ってそこからやり直したこともあったので、思った以上に時間がかかってしまいました。このままレポート課題へ、と行きたいところですが、サマリーとしてまとめたあとに、レポート課題に取り組むことにします。

私の場合、語学は、「毎日少しずつ」をモットーにやって来ました(苦笑)。記憶力がいまひとつになってしまったので、早く進むことは目標とせず、学んだことを再確認しながらやって来ました。そのおかげで、時間はかかりましたが、理解も進んだと感じています。中には、なぜこんな分になる?というように、文法的に疑問を感じるところもありました。それについては、サマリーをまとめながら、今まで学んだ知識を総動員して考え直し、それでも疑問が解決しなければ質問することにしたいと思います。

入学してから今までは、どちらかというとインプットに重点を置いて来ました。これからは、アウトプットも始めることにします。それだけ、自分の中で水位が高まり、アプトプットとして出せるレベルのものになって来た、ということです。そういう意味では、ここからが大学生活の醍醐味です(笑)。
関連記事

筑波山神社

※しばらくは、以前参拝した神社の記事を公開したいと思います。
——
出雲大社常陸から車で50分ほどの場所に鎮座していました。この辺の地理に詳しくないのでカーナビ君にお任せしたところ、車がすれ違うことができないような細い山道を指示されました(苦笑)。私の場合、すれ違った車は1台で、たまたま、よい場所ですれ違ったので問題にはなりませんでしたが、場所によってはどちらかがかなり戻らないといけなくなってしまうと思います。もっとも、こんな道を指示して来たカーナビ君に問題があるのだとは思いますが。

初詣参拝客は19万人という情報を入手していたので、実はそれほど混んでいないと判断していました。神社には身動きができなくなるほどの参拝客は居なかったのですが、車を駐車するまでにかなり時間がかかりました。やはり、車がないと参拝するのが難しい場所なのですね。

急な石段を上って境内に入るのですが、境内自体はそれほど広くはありませんでした。この神社は、筑波山を御神体として祀っています。男体山本殿(標高871m)、女体山本殿(標高877m)、拝殿があり、拝殿は山腹(標高270m)にあります。今回は拝殿に参拝しましたが、ケーブルカーもあるので、山頂まで上ってみるのもいいかもしれません。

縁起ですが、不詳です。御神体が山であり、富士山と対照されるほどの山容を持っていることを考慮すると、関東平野に人が住み始めた頃から崇められていた可能性があります。
御祭神は筑波男大神(男体山の神で、伊弉諾尊とする)、筑波女大神(女体山の神で、伊弉冊尊とする)です。

最後に、筑波山と言えば「ガマの油」が有名ですが、その口上を境内でやっていました。さすがに最後までは見ませんでしたが、伝統芸能が生で見られた訳で、貴重な体験ができたと思っています。

参拝してご縁を結ばせていただいたのち、御朱印をいただきました。

参拝日:2014/1/4

IMG_1077.jpgIMG_1080.jpgIMG_1082.jpg
関連記事

特定保健指導

「特定保健指導利用券」なるものが送付されてきました(苦笑)。先日、受診した健康診断の結果に基づいてです。利用券がなぜかピンク色だったので、私的には「赤紙」と呼んでいます。来るのはわかっていたのですが、ついに来ましたか。

積極的支援、ということで、半年の間生活習慣改善に取り組むことになります。まぁ、時間や手間はかかりますが、これが元で病気になればもっとかかるので、この選択はそれほど間違っているとは思いません。

まぁ、メタボ傾向を気にはしていて、いろいろやってみたのですが、その結果がこれだとすると、次のステージへ進んでもいいのかもしれません。どんなプログラムになるのかがはっきりするのはもう少し先ですが、そろそろ体を労わる歳なのかもしれませんね(苦笑)。
関連記事
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR