FC2ブログ

神魂神社

※しばらくは、以前参拝した神社の記事を公開したいと思います。
——
神魂と書いて「かもす」と読みます。先にご紹介した熊野大社からだと車で20分ほどの場所に鎮座していました。ここも参拝するには不便なところですが、それでも参拝客が途切れることはないようです。「細く長く」といったところでしょうか(苦笑)。場所的には個人的には好きな場所です。「大庭大宮」(おおばおおみや)として知られているようです。

境内はそれほど広くはありませんが、建造物として国宝や重要文化財に指定されているものがあったりします。そういったものを脇に置いたとしても、味のある雰囲気が伝わってきて、個人的には大変気に入っています。こういった雰囲気の神社が出雲には多そうですね。ますます興味が湧いてきました。

さて、社伝によると、この神社は天穂日命がこの地に天下って創建したものと伝えられているとのことですが、「延喜式神名帳」や国史、「出雲國風土記」には記載がないそうです。文献に最初に出てきるのは1208年の鎌倉将軍下文であり、実際の創建は平安時代中期以降と考えられているそうです。御祭神は伊弉冊大神と伊弉諾大神です。

参拝してご縁を結ばせていただいたのち、御朱印をいただきました。

参拝日:2013/10/20

IMG_0902.jpgIMG_0906.jpgIMG_0907.jpg
関連記事

『ギルガメッシュ叙事詩』

「Fate/stay night」というアニメがあります。元はゲームのようですが、私は知りませんでした。偶然、Huleで見てしまったのがすべての始まりです。

ストーリーについては、ここで説明するよりも、ネットで検索した方がよいと思いますので、省略します。ただ、「ヘラクレス」や「アーサー王」、「ギルガメッシュ」と言った言葉が出てきます。一度は聞いたことのある言葉ですが、この中で、「ギルガメッシュ」だけはよくわからなかったのと、いい響きのする語だったので、書籍を探して見たところ、見つけたのが本書です。

手元に届いたばかりなので、まだ読み始めてはいませんが、初版が1998年で、今年、23刷になっています。部数にもよると思いますが、意外に読まれているのかな、と思ってしまいました。全体的に欠損が多いみたいですが、他の資料との兼ね合いから補われていたりして、内容はわかるみたいです。あと、解説が本文と同じくらいあります(^^;。図や写真も豊富です。

古代オリエントに書かれた文学作品を読むことができるなんて、素晴らしいことだと思います。

関連記事

学園祭

学園祭の季節がやってきました。今週末から来週末にかけて、近所にある専門学校や大学で学園祭が実施されます。池袋周辺なので、駅まで出たついでに覗いて来ようと思っています。取り敢えず、今週末は、専門学校の学園祭に行ってくる予定です。知り合いの先生がいるので、その関係です(^^;。

手元のリーフレットを見ると、学術系、フード系、遊び系の3つのカテゴリがあることがわかります。他に、仮装コンテスト、スタンプラリー、ビンゴ大会が実施されるようです。この学校の学園際には一度も行ったことがないので、ある意味、楽しみです。ただ、台風とぶつかるみたいなので、その辺がちょっと気がかりです。その辺のマイナス要因を学生の熱気で吹っ飛ばしてもらいたいものです。

来週末は、大学の学園祭にお邪魔する予定です。知人と2つ巡る予定です。そのあとは、飲み会ですかね(^^;。

最後の締めは、三田祭です。時期的にはだいぶ遅く、11/23(木)〜26(日)です。たぶん、土曜日に行って来ます。ここも初めてなので、楽しみではあるのですが、なにぶん、人手が多い学園祭のようなので、その辺がちょっと心に引っかかっているところです(^^;。
関連記事

五行大義(124)

私も「学びの途中」であることをご理解いただければと思います。したがって誤った理解もあるかもしれません。その際にはご指摘いただければと思います。また、内容については適宜集成・追加させていただきます。
-----
雑配を論ず
第二、声音に配するを論ず
-----
さて、ただそれだけで出るものを声と言い、これを和合したものを音と言う。『毛詩』の序には、「声は文(まとまった意味を表すもの)をなし、これを音と言う。」とある。だから、五声によって、八音が成立する。『楽緯』には、「万物は、天・地・人の三で出来上り、(五行の)五で定着する。この三と五を合わせて八となるように、音は八つのものがあるのである。この八音とは、金・石・糸・竹・土・木・匏・革の八つの材料からできた楽器であり、これによって、宮・商・角・徴・羽の五声が出るのである。金でできた楽器は鍾であり、石でできた楽器は磬(うちいし)であり、糸でできた楽器は絃であり、竹でできた楽器は管(ふえ)であり、土でできた楽器は塤(つちぶえ)であり、木で作った楽器は柷圄(しゅくぎょ)であり、匏(ひょうたん)で作った楽器は笙(しょう)であり、革で作った楽器は鼓(つづみ)である。鼓は八卦の震を司り、笙は巽を司り、柷圄は乾を司り、塤は艮を司り、管は坎を司り、絃は離を司り、磬は坤を司り、鍾は兌を司る。」とある。
関連記事

帯状疱疹、その後

発症に気づいてからおよそ3週間が経過しました。症状自体は回復する方向へ向かっているのですが、完治するにはもう少し時間がかかりそうです。

発疹はだいぶ薄くなって来ました。ただ、痛みは相変わらずです。当初とあまり変わっていないような気がしています。一応痛み止めの薬は出されているのですが、飲んでも飲まなくても変わらない気がしています(苦笑)。これって、もしかしたら後遺症ですかね。だとしたらちょっと嫌です。帯状疱疹ができた場所が悪かったのか、心臓が痛むような感じを受けることがあります。まぁ、一瞬なので、本当に心臓に問題がある場合の痛みとは異なると思うのですが、そうだとしても気持ちのよいものではありません。

日常生活に支障がないと言えばないのですが、継続的な痛みは結構ダメージとなります。治りそうな傾向でも見えてくれば、気持ちの持ち方も変わるのですが。

健康のありがたみを実感する、今日この頃です。
関連記事

三宅島について

いくつかあるものの中から、比較的わかりやすいものをご紹介します。

※2000年に起きた三宅島噴火の時のメッセージです。
- - - - - - - - -
地面のプレートが開いています。しばしの休息が必要。岩石の熱射病のようなものです。

球表面が熱で浮かされマグマが活動。体温調節が狂いマグマが活動した、ということです。

自然の摂理。地球も命。地球も生きている。自分で体温調節しているのです。人間だけが生き物ではありません。自然の媒介が生き物の調整。どこに起きても不思議ではありません。
関連記事

作曲

以前から興味を持っている分野です。中学生の時に、ブラスバンド部用に、行進曲と行進曲の間をつなぐ短い曲を作ったことがあります。今からすれば、素人丸出しの作品ですが(苦笑)。

興味があるなら、学んでみるのもよいかと思い、一冊購入したのが、『聴くだけ 作曲入門』です。書籍の他に、音源データが付いており、文字通り、聴くことによって理解が深まる、という構成になっています。

音楽には小さい頃から親しんで来たこともあり、楽譜を読んだり書いたりするための最低限の知識はあります。楽器もいくつか経験があります。ただ、主題があったとして、それをどう展開させていったらいいのか、どんな調にするのがよいのか、などわからないこともたくさんあります。そういったことをこの本を通して学べればいいな、と思っています。

諦めないで続ければ、1曲くらいは納得できる曲が書けるかもしれませんね(笑)。

関連記事

熊野大社

※しばらくは、以前参拝した神社の記事を公開したいと思います。
——
実のところ、出雲國に熊野大社があるとは思ってもいませんでした(苦笑)。紀伊國にあるのが有名ですが、調べてみると、山形県南陽市にもあったりするのですね。出雲國の熊野大社から紀伊國に勧請された、という説もあるそうですが、まったく別系統である、という説もあるそうです。ここは、出雲國の一宮です。

2日目の拠点は出雲空港だったので、ここを基準にすると、車で1時間程度だったと思います。松江辺りからだとバスが出ていると思うのですが、本数はそれほどなかったように記憶しています。とにかく、簡単に参拝できるような場所ではない、ということです。そのせいもあってか、参拝客は少なかったです。ただ、場所はとてもよいところでした。自分の波動に合っている、と思いました。

創建は今から1300年ほど前のようです。火の発祥の神社とのことです。御祭神は加夫呂伎熊野大神櫛御気野命(かぶろぎくまのおおかみくしみけぬのみこと)です。「熊野に坐します尊い神である櫛御気野命」という意味だそうです。素戔嗚尊の別神名とされています。

境内は広く、稲田神社や伊邪郡美神社、荒神社、稲荷神社が境内にありました。参拝した時、ちょうど結婚式が行われていました。なかなかよかったと思います。ここで結婚式をあげたことを忘れずに、今後も仲良く助け合いながら人生を送っていただきたいものです。
参拝してご縁を結ばせていただいたのち、御朱印をいただきました。

参拝日:2013/10/20

IMG_0892.jpgIMG_0893.jpgIMG_0901.jpg
関連記事

Baby, God Bless You

先日、Huluで、「コウノドリ」というタイトルの作品が配信されていることに気づきました。医療ドラマなのですが、産婦人科を舞台にするなど、他の医療ドラマと異なっていたので、試しに1話観てみたのですが、よかったです。結局、全部観てしまいました。

あとで調べて観たのですが、原作はコミックでした。電子書籍版もあり、少しだけ読んでみたのですが、絵が私の個人的な趣味に合わなくて、購入は断念しました(苦笑)。取り扱っている内容がよいだけに残念です。

ドラマで流れる曲がとても素敵で、とても耳に残りました。iTunesStoreで取り扱っているに違いないと踏んで探したところ、ビンゴでした。オリジナルサウンドドラックなので、曲中で使われたいろいろな曲が収録されていたのですが、器楽バージョンとピアノソロバージョンをそれぞれ1曲ずつ購入しました。いま、それらを聴いているところなのですが、いいですね。音楽の持つ力を再認識させられています。

とてもよい曲です。よかったら聴いてみてください。
関連記事

衆議院議員選挙

今日は衆議院議員選挙です。台風が近づいていることもあり、天候の方はいまひとつのようですが、ある意味、日本の進路を決める大きな分岐点になりそうな選挙です。

当初、期待が集まっていた希望の党も失速し、かなり苦戦を強いられているようです。「排除の理論」がきっかけだったと言われていますが、所詮、考え方が違う者同士が同じ党に属するというのは無理のある話なので、個人的には問題ないと思っているのですが、もう少しうまくやることもできたのでは、と思っています。事前に党首会談もやっていたのに。まぁ、その程度の人なのだと思います。もっとも、最初から胡散臭さは感じていましたけど。

自民党や公明党は支持しません。あと、希望の党もです。したがって、それ以外の候補者、政党を選択するつもりです。個人的には、「風」など吹かなくても、自分たちの信念にしたがって一歩一歩進んで行けるところに投票したいと思っています。

今回の選挙は18歳から投票できます。この範囲に属する方々が、どれくらい政治に関心を持っているのか、どれくらい投票するのか、ということにも興味があります。結果が楽しみです。
関連記事
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR