FC2ブログ

東伏見稲荷神社

※しばらくは、以前参拝した神社の記事を公開したいと思います。
——
知人との稲荷神社巡りの一環で参拝しました。西武新宿線の東伏見駅から歩いて10分ぐらいの場所に鎮座していました。参拝した時は、道路工事が行われていることもあり、大鳥居から入ることができませんでした。代わりに臨時の参道から入りましたが、うーん、来る時期を間違えたかもしれません(苦笑)。

「伏見」というと京都を連想させるのですが、京都伏見稲荷大社からご分霊され、創建された神社です。昭和4年のことです。東が付くのは、伏見(京都)の東、ということでしょう。御祭神は、宇迦御魂大神、佐田彦大神(サルタヒコノミコト)、大宮能売大神です。

境内はそれほど広くはないのですが、伏見稲荷大社の雰囲気は出ていました。拝殿の裏側には「お塚」と呼ばれる場所がありました。稲荷祠十六社と言うそうです。拝殿とお塚を参拝するのがここの流儀らしいです。実際に参拝して来ましたが、イメージ的には千本鳥居を模したものかな、というのが個人的な感想です。いろいろな表情の狐様がおりました。嫌いな場所ではなかったです。入ってしまうと特に感じるものはなかったのですが、入る前に「ここが境目」みたいなものは感じました。

伏見稲荷大社に参拝したばかりなので、ちょっと違和感を覚えました(苦笑)。参拝客もほとんどおりませんでした。

参拝してご縁を結ばせていただいたのち、御朱印をいただきました。

参拝日:2012/8/4

IMG_0507.jpgIMG_0508.jpgIMG_0509.jpg
関連記事
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR