FC2ブログ

五行大義(118)

私も「学びの途中」であることをご理解いただければと思います。したがって誤った理解もあるかもしれません。その際にはご指摘いただければと思います。また、内容については適宜集成・追加させていただきます。
-----
雑配を論ず
第一、五色に配するを論ず
-----
『春秋左氏伝』には「(五行)は色にあらわれて五色となる、と子産が述べた」とある。蔡伯かい(人名:さいはくかい)は「(『月令章句』において)眼に映る色は五色である」と述べた。『黄帝素問』には「草の性質は五度変化する。」とある。

あらわれて五色になるとは次に示す通りである。まず、東に配当された木は蒼い色であり、すべての物がここから生まれ、これは、柔らかい若芽の色である。次に、南に配当された火は赤い色であり、太陽が輝いて炎が燃え上がる様子を象っている。次に、中央の土は黄色であり、その黄色は地面の色である。だから、『周易』にあるように、「天は玄く、地は黄色である。」と言うのである。次に、西に配当される金は白い色であり、秋の殺気が起こって白露は霜となる。この白い色は衰滅を象っている。最後に、北に配当される水は黒い色であり、遠くを眺めると果てしなく暗く、暗い闇が続くようである。それは、大海原が限りなく広く、暗闇が窮まりないようなものである。水は太陰の性質を持つものであり、だから、暗い闇なのである。

『孝経援神契』には「土の精は黄、木の精は青、火の精は赤、金の精は白、水の精は黒である。」とある。『春秋考異郵』には「北方の夷狄の気は幽都(現在の北京)に生じる。色は黒く、家畜を連れた遊牧民のテントの色のようである。南方の夷狄の気は交趾(現在のハノイ付近)に生じる。色は赤く、赤い旗や鶏のとさかが集まったような色である。東方の夷狄の気は菜柱(現在の蓬 )に生じる。色は蒼く、地面に蒔いた種が生長し、林のような色である。西方の夷狄の気は沙丘(西域の砂漠地帯)に生じる。色は白く、砂漠の風紋が刀の刃が光り輝いているようである。中央には四方から土が集まり、色は黄色で、城郭の形のようである。黄色の気が四方に塞がって、土の精が生長するのである。」とある。この五つは正色である。そしてその変化した色もまた五つある。
関連記事
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR