FC2ブログ

今昔物語

最近、なぜか気になっています。高校時代に授業等で読んだことがあるのですが、その時のフレーズが突然口をつくことがあります(苦笑)。

平安時代末期に成立したとみられる説話集なのですが、「今ハ昔」という書き出しから始まっていることから「今昔物語集」と呼ばれています。成立年代と作者は不明です。全31巻あるのですが、8、18、21巻が欠けています。

全体は、天竺(インド)、震旦(中国)、本朝(日本)3部で構成されています。私が読んだことがあるのは、本朝世俗部というものです。気になっている部分がそこなので、今回もそこを読むことにしますが、その後は他の部分にも挑戦してみようと思っています。

使用するテキストですが、図書館に、小学館から出版された「完訳 日本の古典」シリーズが置いてあったので、それを借りてきました。完訳とあったので現代語訳だけかと思ったのですが、原文?もあります。こちらを読んでも大まかな意味は取れると思います。最後に現代語訳を読もうと思っています。
関連記事
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR