FC2ブログ

人は生きる目的のために

いくつかあるものの中から、比較的わかりやすいものをご紹介します。
- - - - - - - - -
人は生きる目的のために選ばれ、目的を叶える文化として地上に降ります。

生命の枠組み。これがイニシャルとして生命の枠組みを作りますが、生か否かの仕組みがこの時に形作られ、生命の延長へと続き、物事の反論、家庭内においては重要な要素として命が嗜われます。良いか悪いかの判断は子どもにはつきません。

命を嗜むのは心がけです。天体はこの心がけが失われたことに非常に懸念を感じておりました。天体が命を暴く時、自分勝手な意識が蔓延、天体のエコーも響かないほどに意識が腐れています。シグマが活性していないのです。粒子として結び付かなければ天体に帰属できず、反応しない即物として人間界に残留します。

命の輝きは星の因子を持ち、生命のノスタルジーを仰ぐ。ここに文化の形象があり、生命を燻らす要因があります。肉体が頒価な意識として活動すれば物事の仕組みは壊れます。

あなた方が生命として活動することが天体のエコロジーを呼ぶ活性として意識に働きかけ、舞い戻る仕種として子孫の根粒を残す。これが生命の反復。

命はレコーダとしての貢ぎ。概念とサバイバルで選択の動機が生まれ、自己の記録とオーバーラップを重ねながら達成への文化を嗜む。命が壊れた時、人は迷路を彷徨い、目的を失います。

生きるのが目的であり文化。生命とはかくも偉大な偉業を成し遂げ、誇りとしての文化を保ち続けましたが忘れたものは...既存の精神。人が心を忘れた時、文化の土俵が起こります。

今、天体は傅く基礎を忘れた人類に布告を投げかけ、生命のノスタルジアを回収しようと欺瞞を投げかけ、意識の肯定を狙っています。罪と罰の敬服に従うか、天界のコードに合わせ、命を惜しむアマリリスに委ね、色彩を仰ぐか...の連鎖にかかっています。

冥王は百日紅にどちらが正義か比べ、大地の石突きを取りますが、大地は木の葉の色を被せ、思議を囲います。

大地は天の融通。天が捧げの文化なら大地は色の文化、懇切となる色を丸めます。
関連記事
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR