FC2ブログ

ポケモン、げっと

池袋から湘南新宿ラインに乗ることおよそ1時間。これを毎日繰り返しています(苦笑)。まぁ、1本で行けるので、乗車時間は長いですが、それほど辛くはありません。車内で勉強もできるし。ところが、Pokemon GOのサービスが日本で開始されてから状況が変わりました。駅て停車すると、ポケストップがあることが多いので、自力で移動しなくても毎日アイテムをげっとできるようになりました(苦笑)。帰りも同じような感じなので、あっという間にレベル11まで到達しました。もうすぐレベル12になります。

また、なぜか会社の自席がポケストップの側にあります(苦笑)。なので、こちらも5分おきにアイテムがげっとし放題です。もっとも、最近ではアイテムを多く持ち過ぎてげっとできない状態が続いていますが(苦笑)。

ただ、自宅からも会社からもジムには距離があるので、まだ一度もジムに行ったことがありません。ポケモンを鍛えたいのですけどね。

それから、やはり、ピカチュウが欲しいです。何でも聞くところによると、新宿御苑がピカチュウの森化している、とのことです。とこかのタイミングで行ってみようかと思っているところです。
関連記事

五行大義(59)

私も「学びの途中」であることをご理解いただければと思います。したがって誤った理解もあるかもしれません。その際にはご指摘いただければと思います。また、内容については適宜集成・追加させていただきます。
-----
相生を論ず
 生死の所を論ず
-----
「白虎通徳論」と「春秋繁露」の両説の解釈は異なるが五行の相生という点では同じである。五行は各々決まった形がある。ただ、火が(木を)焼いてはじめて出現するのは火が大陽の気だからである。(木が)温かいために(火が)生じるのである。木をすりあわせて火が生じるのは、火が万物に託しているということである。それは聖人には名前がないにもかかわらず、聖人は万物を秩序づけることができ、そのために万物をもって名とするようなものである。陽気はいたって霊妙であるので隠れたり顕れたりするのである。

五行の本体は別であって、各々生ずるところと死ぬところが異なる。五行にはすべて十二月と十二辰(十二支)があって、(それらを順に巡って)出生し、やがて死に至るのである。木は気を申で受け、酉で胎児となり、戌で養われ、亥で生まれ、子で沐浴し、丑で冠帯し、寅で臨官(官吏の仕事に就く)し、卯で盛んになり、辰で衰え、巳で病気となり、午で死に、未で葬られる。火は気を亥で受け、子で胎児となり、丑で養われ、寅で生まれ、卯で沐浴し、辰で冠帯し、巳で臨官し、午で盛んになり、未で衰え、申で病気となり、酉で死に、戌で葬られる。金は気を寅で受け、卯で胎児となり、辰で養われ、巳で生まれ、午で沐浴し、未で冠帯し、申で臨官し、酉で盛んになり、戌で衰え、亥で病気となり、子で死に、丑で葬られる。水は気を巳で受け、午で胎児となり、未で養われ、申で生まれ、酉で沐浴し、戌で冠帯し、亥で臨官し、子で盛んになり、丑で衰え、寅で病気となり、卯で死に、辰で葬られる。土は気を亥で受け、子で胎児となり、丑で養われ、寅で奇行(五行の巡りの途中であるところに寄ること)、卯で生まれ、辰で沐浴し、巳で冠帯し、午で臨官し、未で盛んになり、申で衰え病気となり、酉で死に、戌で葬られる。

沐浴
冠帯
臨官
奇行
受気
沐浴
冠帯
沐浴
臨官
冠帯
受気
臨官
沐浴
冠帯
受気
衰病
臨官
沐浴
冠帯
受気
受気
臨官
















関連記事

「Software Design 2016/08月号」

GitHubを特集しています。私も利用しているのですが、どちらかというと他の人が作成したプロジェクトやソースコード一式をダウンロードするためが多く、自分で開発したものをアップすることは稀です(苦笑)。まして、他の技術者と一緒になってソースコードを開発することはまだやったことがありません。

とはいうものの、開発の拠点を個人に移動させようと考えており、そのためにはこの特集はまさしく「さいしょの一歩」にはなると思います。

他の特集も含めて、こんな内容になっています。

第1特集
GitHubさいしょの一歩
はじめてのPull Requestから,チーム導入へ

第2特集
案外知らなかった
YumとAPTのしくみと活用

短期集中連載
乱数を使いこなす
【1】コンピュータと乱数

一般記事
アプリケーションテストに時間がかかりすぎてませんか?
Ruby on Railsへの導入でわかったRRRSpecによる分散テストの効果

価格は¥1,317です。すでに販売されています。興味のある方はどうぞ。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Software Design (ソフトウェア デザイン) 2016年 08月号 [雑誌]
価格:1317円(税込、送料無料) (2016/7/24時点)


関連記事

精神世界について

いくつかあるものの中から、比較的わかりやすいものをご紹介します。
- - - - - - - - -
精神世界の認識にズレが生じています。訂正を以て神々の心を語ります。象徴的価値観で誘われた心に真理的価値観を与えます。

「ものの道理を運ぶ舟」。精神世界は真空であり無の虚実であること。裁可の判断が仰がれる所。端的に申せば精神世界とは創造と現実が入り交じった世界。造られることと分離の境界(肉体と意識)、分割された意識と調合された(男女の営み)分離の波動を重ねる所。

精神世界とは現実界への道理を運ぶ源であり、帰還の舟を迎える所でもある。理解されたであろうか。あなた方が求める価値はこの調合された意識の中で、営みとされる繰り返しの中で分割された意識集団であることが。

意識と魂の違いはあるのか
意識とは認識であり、魂は根源である(言い換えれば認識とは魂の目である)。
 
精神世界では意識とか認識とかがよく使われるが魂とか霊とは言わないが
精神世界には物や形の価値は存在しないことにて思想的なものや文化的価値で使われる単語や熟語は複合的産物としている。現実にはそれらの価値観を持ち合わせた集合体でもあるわけですから多種多彩な要素は含まれます。

あなた方の生きる道は自分で作り、あなた方の指針は自分の心です。見えない世界を信じ羅針盤を仰ぐより、個々の価値の中に生命の一巡があることを悟します。生命の循環を通して神の心があることを示します。神の心は生命の循環の中であなた方とつながっているのです。自己の生命体に気付かなければ神の心の理解とはなりません。己の価値を大切にすることが自我の抑制にもつながり認識の拡大にもなります。

広く物事を捉えるには自我が強くては自意識となり物事が見えなくなってしまいます。天賦の力がありながら意識の過剰で誇示の力となり、浅ましい人間の心として意識界との疎通にも欠ける存在となります。自我を抑制することが分離した意識との疎通になります。解釈の違いもありましょうが自己の中にある自分に目を向けられますように。自己との自我に目覚めますれば心の喜びとなりましょう。
関連記事

ひとりカラオケ

所用があって池袋に出かけたのですが、1時間ほど時間が空いてしまったので、初めて「ひとりカラオケ」に行ってきました(苦笑)。結果、1時間で¥270、冷房付き、ソフトドリンク飲み放題(1杯しか飲みませんでしたけど)、カラオケ付きです。うーん、安いです。暑さも厳しくなってきているので、こういった選択は有効でしょう。

歌った曲は9曲でした。DAMを指定したら、精密採点DXのマシンの部屋でした。ラッキー。ちなみに、今までは精密採点Ⅱでしかやってことがありませんでした。厳しくなるような気がしたので点数が伸びないかな、と思ったのですが、意外に高得点でした(笑)。90点超えが1曲、あと少しで90点に届きそうなのが6曲。もっとも、この「あと少し」が辛いところだとは思いますが。

テレビでカラオケバトルを見ることがあるのですが、98〜99点は当たり前の世界ですね。さすがにそこまでは出せそうもありませんが、楽しく歌えれば、と思っています。
関連記事

熊野本宮大社

以前、お話ししたかもしれませんが、八咫烏おみくじというものがあります。以前参拝した際に購入したのですが、吉凶ではなく、進むべき道が示されています。可愛い八咫烏の入れ物の中におみくじが入っているので、その分割高になりますが、その姿を見ると微笑ましくなるので、全く気になりません。

不思議なことに、前回購入した時のおみくじが何故か見当たらないのです。次のステージへ進むきっかけかなと思い、今回企画したのが元々なのですが、どうしても連れて行きたい人がいたりして、最終的には内容が結構膨らんでしまいました(苦笑)。

京都からの移動だったので、片道5時間くらいかかりました(苦笑)。しかも珍しく雨でした。ただ、空が明るい状態での雨だったのと、雨自体が優しい感じのものだったので意図されたものであることはわかりました。この地に住む龍神の計らいのような気がするのですが、御祭神自体がそういう性格を持ち合わせているような気もして。これについては追々調べてみることにします。

創建は不明ですが、崇神天皇65年との言い伝えがあるそうです。ざっと数えて2000年以上の歴史があることになります。

御祭神ですが、家都美御子大神を主祭神としています。家都美御子大神とは聞きなれない神ですが、素盞鳴尊の別名と言われています。根拠はよくわかりません(苦笑)。

現在の社地は山の上にあるのですが、1889年の大洪水で流されるまでは熊野川の中州にありました。旧社地の中州は「大斎原」(おおゆのはら)と呼ばれ、日本一高い鳥居が建てられています。側を熊野川が流れ、個人的には好きな場所です。参拝の際にはこちらにも足を運ぶことをオススメします。

最後に八咫烏おみくじの話へ戻します。思った通り、今回は前回とは異ったものを引きました。意味深な内容だったので、これからじっくりと考えてみることにします。

滞在したのは、1時間半くらいでしたが、とても充実した時間を過ごさせていただきました。また参拝したいと思っています。

参拝したのち、御朱印をいただきました。

参拝日:2016/05/07

IMG_2177.jpgIMG_2178.jpg
IMG_2179.jpgIMG_2183.jpg
関連記事

Pokemon GO

巷で話題のゲームです(^^;。これだけ話題になると、また、VR技術が使われていたりすると、技術者としてどんなものかを試してみる必要はありそうです。ポケモンも嫌いではないし。

アプリはリリース日にダウンロードしてはいたのですが、実際に立ち上げてみたのは昨日です。少し時間を置いたのは、アクセスが多くてシステムが不安定、というニュース?が流れていたからです。(システムが)安定していると思われる、早朝に自宅でアプリを起動してみました。

特に難しいところはなかったのですが、ニックネームの指定が意外に大変でした。いつもなら使えるニックネームが使えなかったりして、ユーザーの多さを違った意味で実感しました(^^;。

自宅で立ち上げたのですが、「ヒトカゲ」が我家に生息していました(^^;。げっとするのは初めてだったということもあるのですが、ちょっと手間取りました。基本、ゲームはしないタイプです。

用があって外出することにしていたので、外でも使ってみたのですが、注意しないと歩きながらスマホを見ることになってしまます。本来、その辺をきちんと自己管理できる人がやるべきゲームなのだと思います。
関連記事

「奈良・京都旅行」中止

残念なことに、夏休みに計画していた、「奈良・京都旅行」を中止することにしました。理由はいろいろあるのですが、まぁ、一身上の都合、ということで(苦笑)。JRチケット、レンタカー、宿、旅行計画など、すべて白紙となりましたが、最終的に判断したのは自分なので特に悔いはありません。

この機会を逃すと、数年は旅行の機会がないと思い、楽しみにはしていたのですが、まぁ、状況は変化するもので、優先度の高い事象が発生すれば対応せざるを得ません。手元には、夏休みが6日間残りましたが、代わりにやらないといけないことをやりたいと思います。今後の人生の方向性を左右する時なので、ちょっと大変ですが、頑張りたいと思います。
関連記事

五行大義(58)

私も「学びの途中」であることをご理解いただければと思います。したがって誤った理解もあるかもしれません。その際にはご指摘いただければと思います。また、内容については適宜集成・追加させていただきます。
-----
相生を論ず
 相生を論ず
-----
「春秋元命苞」には「陽(である木)が吐き出されると陰(である水)が変化する。だから水は木を生じるのである。」とある。

「春秋繁露」には「東方は木である。木は農事の根本である。司農(漢の九卿の一つ。金銭と糧食を掌る官)が五穀(米、黍、粟、麦、豆、または麻、麦、豆、黍、稷)を貯蔵し、司馬(軍事を掌る官)がこの五穀を食べる。だから、木は火を生じるのである。火は本朝(漢のことであり、漢は火徳)の司馬である。(司馬は)知(賢明)であるべきである。天の兆しが現れないうちに(司馬だけは)明らかに(存亡の機)を見る。(こうして)天下が太平であれば君や臣を安定させることができる。だから、火は土を生じるのである。土は君であり、(君は)信(誠実)であるべきである。時の武勇に優れた者がその君の任にあたる。大理(刑獄を主る)とは司徒(教育を掌る官)である。だから、土は金を生じるのである。金である司徒は(書の)義を尚ぶ。辺境に争いごとがなく盗賊も現れず、村里に訴えや争いがなければ天下は太平である。法令を執行するのは、司寇(警察のことを掌る官)である。だから、金は水を生じるのである。水とは法令を執り行う司寇である。(司寇は)礼を尚ぶ。君臣にはそれぞれ位があり、長幼にも順序がある。(このような秩序のある世では)もろもろの工匠は時に応じて仕事をし、それによって一年間の費用を貯える。(百工は)器械を作り、(司農に)給付する。司農とは、田官(田畑の事を掌る官)である。だから、水は木を生じるのである。」とある。

「白虎通徳論」と「春秋繁露」の両説の解釈は異なるが五行の相生という点では同じである。五行は各々決まった形がある。ただ、火が(木を)焼いてはじめて出現するのは火が大陽の気だからである。(木が)温かいために(火が)生じるのである。木をすりあわせて火が生じるのは、火が万物に託しているということである。それは聖人には名前がないにもかかわらず、聖人は万物を秩序づけることができ、そのために万物をもって名とするようなものである。陽気はいたって霊妙であるので隠れたり顕れたりするのである。
関連記事

英文法の復習

電子書籍で漢文を勉強していたのですが、一区切りついたので、今は英文法を勉強しています。結構しっかり勉強してきたつもりだったのですが、忘れていることが多いことを実感しました(苦笑)。

ある書籍の電子版を使っているのですが、ちょっと変わっているなと思ってユーザー評価を見てみたら、結構よい評価になっていました。好き嫌いはあると思いますが、概ねわかりやすい説明になっていると思います。これでしっかり復習することにします。

仕事で使うこともあるのですが、今狙っている大学で、英語で論文を書く、みたいな講座があるので、そのための準備としてやっているところです。目標がないよりはあった方が身につくでしょうし。英語で論文、大変そうですが、やり遂げたら充実感も大きいのでは、と思っています。
関連記事
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR