FC2ブログ

目的

いくつかあるものの中から、比較的わかりやすいものをご紹介します。
- - - - - - - - -
生きることを主体として目的を掴むには工夫がいる。喧騒の中で目的とする主体は「何か...」によって違ってくるが的を得た答えはない。

目的に一貫性がなければ自信喪失。目的という答えは曖昧。自信というエコロジーがなければ何事も完成の至りとはならない。

目的における意識は采配。どの程度、意識における采配が動くか。大きくうごめく力となるのか。目的の陰謀は采配。自信というアニマ(霊魂)。目的を掴む工夫は才能。目的の中にある才能こそが意識の杖。希望と願望の達成された舟が目的という「赤い閃光」、プラズマ。

努力だけでは成らぬ力もある。認識のプログラムを再度起こして調整する以外、目的と努力の狭間を埋めることはできない。目的の過剰意識は変革のアナキストを生む。

ワンダーな価値で物事の遂行を納められますように。
関連記事

消費税先送り

そんな話も出てきているようです。確かにそんな状況ではないのかもしれませんが、個人的には予定通りに実行した方がよいと思います。

そもそも、なぜ消費増税しようとしたのかの理由を考えないといけないと思います。今回上げないとすると、その目的が達成できなくなってしまいます。海外からの信頼も失ってしまうかもしれません。長期的にはデメリットのような気がします。

消費増税を先送りするのであれば、せめて国会議員の数を減らして欲しいです。審議中に居眠りしたり、本を読んだりするような人に年間¥2,000万以上も払うのはドブにお金を捨てるようなものです。国会議員を半分にしたら、保育所作ったり、保育士の待遇改善もできると思います。もっとも、特定の職種の待遇だけを改善するのは如何なものかとは思いますが。

自民党みたいな旧体質の政党ではこれからの時代ややっていけないし、かといって他に代わりになるような政党もないし。その辺が日本の不幸なところかもしれません。本物の政治家が現れるのは一体いつになることやら。
関連記事

三囲神社(銀座店屋上)

全部巡ったわけではないので断言はできないのですが、(たぶん)三越各店の屋上にあります。しかし、社務所があるのは銀座店屋上のみです、たぶん。日本橋本店でないのはなぜかわかりません(苦笑)。

ということで、社務所を目当てに銀座店屋上の三囲神社に参拝してきました。お目当ては御朱印なのですが、そこでやっているかは情報がなく、ダメ元で行ってきました。

銀座店に到着したのは、開店の少し前でした。デパートの開店を待つ、という経験は初めてのことです(苦笑)。開店と同時に屋上目指して階段を突き進んだのですが、上の階へはまだ人が来ておらず、店員さんが出迎える中、屋上に向かうというちょっと恥ずかしい感じになってしまいました。

さて、屋上に着いて神社の方に行ってみたところ、社務所が開くのは11:00から、ということでした。仕方がないので、屋上で30分ほど時間を潰しました。その間、神社に参拝される方が何組かいました。もしかして、この界隈では結構有名なのかもしれませんね。

結果的には御朱印はやっていませんでした。お守り等は扱っていました。ここを担当されている方とのトークが結構弾んでしまい、楽しかったです。墨田区向島に鎮座している三囲神社の話から始まり、池袋・三越にあったライオン像の話など、とにかくいろいろお話をさせていただきました(笑)。30分待った甲斐がありました。

三囲神社の隣には出世地蔵が鎮座していました。参拝してご縁を結ばせていただきました。

参拝日:2016/2/11

関連記事

乙武氏

乙武氏とは今話題の乙武洋匡氏のことです(苦笑)。先天性四肢切断という障害を持ち、「五体不満足」の著者でもあります。小学校教諭として(短い期間ではありますが)教壇に立ったこともあります。東京都教育委員もやっていた方です。自民党の参議院候補の目玉として名前も挙がっていました。

そんな方が5人の女性と不倫していた、との報道がなされました。発端は「週刊新潮」ですが、ご本人、すぐに認め、妻の謝罪文まで一緒に公開するという素早い対応をみせました。この謝罪文、読んでみましたが、誠意の欠片もない印象を受けました。妻の謝罪文には違和感を感じました。

もっとも、私はこの方が元から好きではありませんでした。ずっと胡散臭い気がしていました。今から思うと、なるほどと納得です。教育者ならやっていいことと悪いことの区別くらいつきそうなものですが、どうやら不満足なのは五体だけではなさそうです。精神的にも不満足な方のようです。

現在39歳とのことですが、40歳目前でこのような基本的なことで惑っているようでは、先が知れています。この性格はたぶん直らないです。ほとぼりが冷めればまたやります。

まぁ、自民党もよく問題を抱えた人を引き当てますね。きっと自分たちと同じ匂いがするからなのでしょう。自民党に選ばれるということは人間として問題がある、ということなのかもしれませんね(苦笑)。くわばらくわばら...
関連記事

e-ラーニング

以前、PMPの資格を持っていることをお話ししました。この資格は取得してしまえばそれで終わりではなく、絶えず勉強を続けていくことを強要する資格です(苦笑)。1時間1PDUという単位で換算され、他にもPDUを取得する方法はあるのですが、私の場合は、3年間に60時間以上の学習が要求されます。個人で学習したものも含めて構わないのですが、レポートの提出などが要求され、結構面倒なので、準拠したe-ラーニングで学習していました。今年もPDUを取得する必要があるので、e-ラーニングのサイトを見ていたら、期間限定で優待割引があることに気づきました(笑)。これ、利用しない手はないです。

具体的には30%OFFで、セットで講座を申し込むとそちらの方が20%OFFされる、というキャンペーンです。当初の予定では¥76,000の予算を見込んでいたのが、¥57,000で受講できるとあれば申し込まない理由はありません。PDUも45PDU取得できます。もっとも、あと1年間であと15PDU以上取得しないといけませんが。

もっとも、このコース、対象は法人です。個人事業主の私が受講できるかどうか、また、この料金で受講できるかどうかは要確認で、現在、問い合わせ中です。受講できるといいのですが。

受講できない場合の想定と対策も必要になりそうです(苦笑)。
関連記事

五行大義(41)

私も「学びの途中」であることをご理解いただければと思います。したがって誤った理解もあるかもしれません。その際にはご指摘いただければと思います。また、内容については適宜集成・追加させていただきます。
-----
数を論ず
 九宮の数を論ず
-----
また、初めの八卦を作る方法はそれぞれの方位(東・西・南・北・中央)の算に命じ、まず北方の九算を取る。命では「水は木を生じる。一算を縦にして寅の上に置き、一算を卯の上に置き、一算を辰の上に置く。また、一算を横にして甲の上に置き、一算を乙の上に置く。」と言っている。

次に東方の九算を取る。命では「木は火を南方に生じ、(算を)五位に配する。」と言っている。

また、南方の算を取る。命では「火は土を中央に生じる。一算を西北に置いて戊とし、一算を西南に置いて己とする。」と言っている。

また、中央の算を取る。命では「土は金を西方に生じ、五位に配する。」と言っている。

また、西方の算を取る。命では「金は水を北方に生じ、五位に配する。」と言っている。

これで五方の十干十二支に算を配することが終わり、その後、陰の十干に各々一を加える。命では「陰の数は偶数である。」と言っている。

次に陽の十二支に各々一を加える。命では「支の体はもともと始めの数を加える。」と言っている。残った算は十二月の数と同じである。
関連記事

神仏に愛でられた漢

岩手県に僧侶をしている私の友人がいます。名前を聞けば知っている人は知っている、というお寺です。ちなみに、私は知りませんでした(^^;。長い付き合いで、もう○○年を超えてしまいました(苦笑)。私は友人は多い方ではありませんが、これほど長く交友関係がある友人というのはとても珍しいです。
 
この友人、一言で言うと、「博雅みたいな奴」です。博雅というのは源博雅のことで、どんなキャラなのかは、「陰陽師」を読んだ人ならばわかると思います。
 
そいつの結婚式が某年の3/26に行われたのですが、私は友人代表としてスピーチを頼まれました。今回のお話は、その結婚式にまつわる、嘘のような本当のお話しです。たぶん、長くなります(苦笑)。
 
岩手県ということもあり、当初から1泊する予定で、3/25に東京を発ちました。一ノ関で新幹線を降り、ローカル線に乗り換えてそいつの実家のある駅まで行きました。3月末とは言え、寒かったです。そして、少しでしたが雪が舞っていました。例年であれば雪など降らない、ということでしたが...。

そいつは駅まで車で迎えに来てくれていました。その車に乗り込んで実家まで行き、ご両親にご挨拶したあと、お寺の方を案内してもらいました。通常ですと、拝観料を取られるのですが、今回に限っては顔パスでした(笑)。
 
御本尊は薬師如来で、なかなか迫力がありました。あと、この寺院は浄土庭園が有名なので、そちらの方にも足を運びました。それにしても、たくさん参拝客が来ていました。毎日これだけ来るとしたら、本当に忙しいですね。お疲れ様(苦笑)。
 
次の日、実はこの時点で何を話そうか、まだ思案中でした。いろいろ案はあったのですが、どれもいまひとつでした。ふと、窓の外を見たら雪が舞っていました。初めはそれほどでもなかったのですが、そのうち、物凄い量になりました。ただ、吹雪いている、というな感じではありませんでしたが、雪のために前が見えなくなるくらい降っていました。4月も近いというのにこんなに降るものか、と思った瞬間、その雪がまるで桜の花びらが散るように見えました。桜吹雪ですね。私は出席しなかったのですが、その中で結婚式は始まりました。
 
さて、披露宴が始まり、私にスピーチの番がまわってきました。お決まりのように、出会った頃の話やそいつが作った伝説?などを話したあとに、締めとして、今日、あんなに雪が舞った理由を話しました。あれは、桜の季節にはまだ早かったので、雪を桜に見立てて神仏が祝福してくれたのだと。まぁ、僧侶の結婚式なので、それくらい言っても誰も不思議には思わないでしょう(苦笑)。本当の話ではありますが、どれだけの人が信じてくれたかは疑問です。
 
正直なところ、今までいろいろな行事に参列してきましたが、これほどあからさまに干渉?してきたのは神泉苑でのできごと以来です。本当に嬉しかったのでしょう。それと、この現象を理解できる奴がいたからでしょう。それがなかったら、なんでこの日に限って雪など降るのだ、ということにしかなりませんから(苦笑)。それにしても、神仏に愛でられる人というのは本当にいるのですね。
 
正直なところ、そいつは人間的には優れているとは言えません(^^;。むしろ、欠点の方が多いかもしれません。ただ、何というか、深い魅力を感じます。持っているものは、きっとまっすぐで大きくて深いのでしょう。それだから、今でも付き合いが続いているのだと思います。
 
この日が来ると、いつも思い出してしまいます。機会があれば、あの日の話題で、奥さんを交えて、お酒を酌み交わしたいものです。
関連記事

命があなた方のものなら

いくつかあるものの中から、比較的わかりやすいものをご紹介します。
- - - - - - - - -
命があなた方のものなら命の花はアガペーのもの。命の中にある愛はあなた方一人ひとりの心に咲く愛の花。

命は永遠の箱舟。永遠の炎が沈む赤道直下。命のまさぐりに揺られながらノアの箱舟が往く。愛語らずしてノア縁の箱舟が永遠の命であることを明かす。

言葉はなくてもすべての認識の中で物事が運ばれて往く。愛の嘆きが、愛の悲しみがあなた方の心。命は永遠の網膜の中で言葉を語るものなり。

黄金に咲く花は眩しからず。命の網膜となった時我が命の鼓動が広大な意識であることに気付くであろう。

あなた方の災いが私の意識を殺している。私は地球転生からなるラブリングアウト、宇宙の創造である。
関連記事

GW

GWのお出かけ先をずっと考えていました。例年ならば奈良・和歌山なのですが、しっくり来ないのです。用があるところもあるにはあるのですが、それ以外に行こうと思いたくなるような場所がなかなか思いつきません。経験上、こんな時は行く必要がありません、多分。

ということで、今回は高千穂に行くことにしました(笑)。15年くらい前に1度行ったことがあります。移動手段や宿泊先は思った以上にスムーズに手続きが通ったのですが、もう少し早く決断していれば、飛行機代がもう少し安くなったかもしれません。今後の教訓ですね、計画はお早めに(苦笑)。

予定や費用の兼ね合いで、2泊3日の旅となりますが、密度はかなり濃いです。高千穂のパワーをフルに頂いてきたいと思います。今からとても楽しみです。
関連記事

建国記念の日

建国記念の日ということで、神武天皇に縁のある神社を巡ろうと思いました。ところが、東京という条件を付けると、なかなか思いつきません。それなりの数、参拝してきたのですけど(苦笑)。

結局、池袋・御嶽神社と穴八幡宮をメインに、あとは、気になっていた神社を巡る、というコースを組んでみました。こんな感じです。

 池袋・御嶽神社〜三囲神社(銀座本店屋上)〜虎ノ門・金毘羅宮〜穴八幡宮

池袋・御嶽神社には御祭神の一柱として神武天皇が祀られています。三囲神社、金毘羅宮は気になっていたところです。穴八幡宮には、神武天皇陵に対する遥拝所があります。ちょっと珍しいかな、と思えたので今回参拝することにしました。なかなかの晴天に恵まれましたが、少し風が強かったように思えます。

以降、順にご紹介することにします。

参拝日:2016/2/11
関連記事
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR