FC2ブログ

奈良・和歌山旅行の予定が決まりました

退院した早々、予定通りに旅行に出ます(苦笑)。大丈夫かな、という想いもないことはないのですが、まぁ、何とかなるでしょう。今回は奈良を中心に、和歌山、大阪の神社仏閣を巡ります。

だいたいこんな感じです。
 1日目
  伊射奈岐神社、往馬大社、龍田大社、當麻寺、葛木坐火雷神社、瑜伽神社
 2日目
  金剛峰寺、熊野大社本宮、丹倉神社
 3日目
  高天彦神社、石舞台古墳、畝火山口神社、天香山神社、八咫烏神社、笠山荒神社、石上神宮
 4日目
  天石立神社、源九郎稲荷神社、信太森葛葉稲荷神社、生國魂神社、御霊神社、少彦名神社、露天神社

ちょっと欲張り過ぎの感もありますが、そうそう簡単に行けないので、ここぞとばかりに盛り込みました(苦笑)。ただ、時間の都合で変更もあり得るというアバウトな計画です。もしかしたら、ふっと立ち寄ってみたくなるところもあると思うし。

楽しみにしているのは、丹倉神社です。前回、行こうと思って気付かずに通り過ぎてしまったところです(苦笑)。今度はきちんと参拝して来ようと思います。あとは、金剛峰寺(高野山)ですかね。今年、開基1200年の節目に当たるので、(去年も行ったのですが)再びの参拝です。そこまで足を伸ばしたら熊野大社本宮まで行っちゃいます。個人的にはここが3つの中で一番好きなので。

古都と言えば京都なのでしょうが、私は京都よりも奈良の方が好きですね。中心を外れるとそこに自然の風景があるのが好きな理由です。何回来ても飽きないし、将来的にはここに住んでもいいと思っています。今年も、ふるさと納税するつもりです。
関連記事

ソーラーパワー充電器

4/12に大地震がやって来ると予言した方がいらっしゃいましたが、結果的にはまったく迷惑な話となってしまいました。当たれば当たったと言うし、はずれればはずれたで兆候がなくなった、などと言えば済むみたいなので、まったくお気楽です。日本は火山地帯に位置するので、いつ地震が来てもおかしくないですから。少しは反省していただきたいものです。

とは言うものの、忘れた頃に災害がやって来る、というのはある意味真実で、そういう意味では普段からの準備が大事です。そういうことを思い出させるきっかけになった、という意味ではよかったのかもしれませんね(苦笑)。

で、今、なくなると一番困るものを考えていたのですが、いろいろありますが、その内の1つに、スマホが使えない、というのが挙げられると思います。いざという時に連絡できないのはかなり痛いですし、情報収集するのにスマホは最適です。もっとも、デマもかなり流れるかもしれませんが(苦笑)。

ということで、電源を確保するのが急務と考え、太陽電池で充電できるバッテリが安かったので購入してみました。簡単にスペックをまとめると以下の通りです。

 フル充電で5,000mAh
 iPhone/iPad/その他スマホに対応
 LEDライト付き
 充電回数は500回以上
 ソーラー充電は18時間(理論値)
 USB充電可(8時間)
 高さx幅x奥行き = 142x75x13.6mm、重さは155g

といったところです。初めから太陽だけに頼ると時間がかかるので、USBで充電しておいて、不足部分を太陽で補う、という使い方が一般的かな、と思います。

先日注文したばかりだったのですが、翌日にはもう手元に届きました(笑)。少しごつい感じがするのですが、まぁ、許容範囲です。速攻でUSBによる充電を行いました。あとは、これをぶら下げながら外を歩けば、少しずつですが充電されるはずです。これに関しては入手間もないのでまだ確認できていませんが、早速やってみることにします。

こういうものは持っておいて損はないです。私は¥3,460で購入しました。安心も付いてくることを考えると安い買い物だと思いました。

関連記事

人は今、何をなすべきか

いくつかあるものの中から、比較的わかりやすいものをご紹介します。
- - - - - - - - -
人は今、時代を越えて意識の改革をはからなければならない。過去に生きた価値はこの時代において大変な産物となって人間の意識を苦しめることになった。
今の時代、大切な若者達が苦しみの中で自分を失っている。彼らの罪でありながらも時代が生んだ空虚感が、彼らの意識がこの時代の中で統率を失い、アンバランスな成長の中で虚しい空虚感として生きている価値も掴めず、人々を苦しめている現実は時代の産んだ産物であろう。

彼らが何のために生きて何のために生かされているのか、答えを探すには幼すぎる。人間の価値とか人の命の大切さをいくら語り聞かせても、大人の歪んだ精神の中で培われた認識の中でいかように知らしめたとしても、彼らは受け入れないであろう。あなた方の求めた価値が違うからである。人間の求めた価値の中に心は存在したであろうか。叱りつけてなだめて教育をしたと嘘吹いても、親の意見や親の勝手な価値観を押しつけていたのではないだろうか。

心の伴わない意見の中で同等の成熟を促すのはあまりのも身勝手である。子を傷つけず、親も傷付かずに対等のバランスで育てたつもりであろうが、人は苦しみの中で何かを探り迷いの中から何かを掴む。痛みの中で悲しみを知り、治癒の中から生命の回復を願う。この当たり前の条件を与えず、先走りの慈悲の中で子を育てたのではあるまいか。

人が生かされている条件は同じである。貧富の差はあれ、すべてが対等の条件の中で学歴社会が作り上げた傲慢さと崇拝、官僚が生んだ癒着。しのぎを削って生きてきた人々が我も我もと意識の改革の中で期待して得たものは何だったのか。人の心を忘れたさなぎをふ化させただけではあるまいか。心を必要としながらも、物質的価値の中で生かされる術を身につけてしまい、心の癒しを忘れているのではないだろうか。

痛みを知る人間であること。心が痛みを知れば自ずと人に対する思いも深く、理性の中で共有できる。悲しみを感じ、痛みを我がことのように認識しあえたら、人の命をやたら粗末にすることもないのではあるまいか。

人が人として暮らすには深い悲しみも必要である。悲しみの中から心の痛み、失ったことの大切さを感じ、人へのいたわりとなせば、愛もまた、深いものになるであろう。

愛情の価値は無分別に与えるものではなく、湧き出る想いの中に人への深いいたわりとなすのではなかろうか。

人は今、愛の形なすものが無分別な行動の中で失われゆく人間の価値と生きることの意味を深いいたわりと愛の中に感じなければ心のない愛情形態となり、憎しみすら持ち、人へのあたりとなってそこかしこに多大なる影響を与えることになる。

心を忘れた時代に心のあるべき姿を見つけ、互いのいたわりとなして人の生きるべく姿を探されよ。
関連記事

退院しました

手術も無事に終わり、退院しました。結局、3泊4日の入院となりました。腹腔鏡術というのは、本当に退院までの期間が短いのですね。本当なら喜ばしいことなのかもしれませんが、手術を受ける方からすると、あまりにもすぐに退院できるとなると逆に不安に感じてしまうのは、私だけでしょうか(苦笑)。

腹腔鏡術とは言え、お腹にメスを入れたわけなので、それなりに痛いです。が、癒着を防ぐ意味でも積極的に動いた方がいいみたいです。動くと言っても、歩くくらいしかないので、病院内部を支障のない範囲でブラブラしました。上り下りは階段です。手術前には何ともなかったのですが、手術後には1Fから4Fまでの移動で息が切れるようになってしまいました(苦笑)。やはり、体はダメージというか、ストレスを受けているのですね。

今回、生まれて初めて手術を受けましたが、2度と受けたくないと思いました。となると、普段から生活習慣や体調に気を付けるのが一番です。まぁ、血圧計や体重・体組織計も新調したので、それらを有効に使って行きたいと思います。

しばらくはリハビリが続きます。
関連記事

新刊書籍案内(21)「Bluetooth Low Energyをはじめよう」

現在、BLEに関する仕様を理解しているところなのですが、手元にある本が1冊しかないので、(理解に)不安な状態が続いています(苦笑)。ある意味、注目されている技術なので、もっと書籍が出ているのではないか、と思って探したところ見つかったのが本書です。

目次は以下の通りです。

はじめに
1. イントロダクション
 BLEはどこが違うのか?
 規格
 構成
 重要な制約
 ネットワークのトポロジー
 プロトコルとプロファイル
2. プロトコルの基本
 物理層
 リンク層
 ホスト・コントローラー・インタフェース(HCI)
 論理リンク制御およびアダプテーションプロトコル(L2CAP)
 アトリビュート・プロトコル(ATT)
 セキュリティ・マネージャ(SM)
 汎用アトリビュート・プロファイル(GATT)
 汎用アクセス・プロファイル(GAP)
3. GAP(アドバタイズとコネクション)
 役割
 モードと手順
 セキュリティ
 その他のGAP定義
4. GATT(サービスと特性)
 役割
 UUID
 アトリビュート
 アトリビュートとデータの階層構造
 機能
 セキュリティ
5. ハードウェアプラットフォーム
 nRF51822-EK(Nordic Semiconductors)
 CC2541DK-MINI(Texas Instruments)
 その他のハードウェアプラットフォームとモジュール
6. デバッグツール
 PCA10000 USBドングルとMaster Control Panel
 PCA10000 USBドングルとWireshark
 CC2540 USBドングルとSmartRFスニファ
 SmartRFからWiresharkへのコンバーター
 Bluezのhcitoolとgatttool
7. アプリケーション設計ツール
 Bluetooth Application Accelerator
 SensorTag
 iOS用のLightBlue
 Android用のnRF Master Control Panel
8. Androidのプログラミング
 開発環境の準備
9. iOSのプログラミング
 シンプルなバッテリーレベルのペリフェラル
 iBeacon
 外部ディスプレイとApple通知センターサービス
10. 組み込みアプリケーション開発
 mbedのBLE API
 組み込みツールチェイン
 nRF51822のGNUコードベースとサンプルプロジェクト
 さらに先へ
付録 Bluetoothコア規格バージョン4.2での変更点(日本語版付録)
索引

なかなか面白そうな構成です。少しは勉強しているので、何となく内容が想像できたりするのですが、どんな説明になっているのか楽しみではあります。

出版社はオライリージャパンで、200ページで¥2,484です。先日購入した「iOSxBLE Core Bluetoothプログラミング」は結構誤植がありました(苦笑)。こちらにもあるかもしれませんが、理解を妨げるようなものでなければ許容範囲です。早速ポチッとな、しました。

関連記事

Swiftの調子がよくなったような…

先日、Xcode 6.3にバージョンアップしたのですが、気のせいか、Swiftの調子がよくなった気がします。具体的には、playgroundで入力中にエラーになる回数が激減した気がします。

以前なら、コメントなどを入力した時でも、すぐにエラーを吐いていたような気がします。その度ごとにXcodeを再起動していたのですが、結構頻繁に発生するので、うんざりしていたところでした(苦笑)。

今回Swiftがバージョン1.2になったのですが、これを使って結構入力しているのですが、以前ならエラーを吐いてもおかしくないくらい使っているのですが、今のところはエラーを吐いていません。今だけなのか、それとも、改善されたのかはわかりませんが、こうなってくると使いたくなりますね。

代わりに、と言っては何なのですが、変数の認識が遅くなる場合があるようです。正しく入力しているのに、エラーになる場合があります。具体的には、サンプルソースでは全くエラーなど出ていないのに、同じように入力するとエラーになる場合があります。しかも、何度か同じことをやっていると、そのうちに認識されます(苦笑)。これ、困りますよね。エラーメッセージを手掛かりに修正してもエラーが取れないのですから(苦笑)。いやぁ、違った意味でまだまだストレスが溜まる言語のようです。
関連記事

今日は手術日

昨日再入院し、早速手術です。腹腔鏡で行う手術なので、傷も小さいし、退院するまでに要する日数がとても短いです。手術の翌々日には退院できるらしいのですが、あまり早過ぎる退院はかえって心配な気がするのは私だけでしょうか(苦笑)。せめて、食べて、きちんと消化され、特に違和感もないことを確認してから退院しても遅くはないと思うのですが。まぁ、主治医の先生にはこちらの希望を伝えました。どうなることやら。

話は変わりますが、この病院に入院してからとても眠いです。前の病院には11日も入院していたのですが、そんなことは一度もありませんでした。この病院には昨日のお昼近くに入院したのですが、即眠気を感じました。嫌な感じはしないのですが、念のために結界を張りましたが、現象は変わりません。そんなに疲れることもしていないのですが、ちょっと気になっています。

手術中はどうせ寝ているのですが、ここまで眠いと予定していた作業が予定通りに終了しないかもしれません(苦笑)。

それにしても、手術って思った以上にいろいろなことをやるのですね。流れを説明してもらって、えっ、そんなことまでやるんだ、と今更ながら思っています(苦笑)。初めから知っていたらもしかしたら手術を受けようとは思わなかったかもしれません(苦笑)。そういう意味では後出しジャンケンみたいな気がしています。もっとも、もう、覚悟を決めるしか選択肢はないのですけどね。
関連記事

iPhone5、修理に出しました

以前、iPhone5でスリープボタンが効かないまたは効きが悪くなる、という不具合があったと思いますが、この不具合に私の端末が該当していました(苦笑)。確かに、スリープ動作しようと思っても効きません。完全な当たりです。前から症状が出ていたので知っていたのですが、さすがに使っている端末を修理に出すことはしたくないな、と思っていたので今まで放って置いたのですが、iPhone6 Plusを購入したこともあり、先日、修理に出しました。

この端末、開発用に取っておいたのですが、子どもに使わせようかな、と思っています。まだ小学生なのでみまもりケータイという手段もあったのですが、来年には中学生になるのに、(2年縛りのために)みまもりケータイというのはちょっと格好が悪過ぎます。ということで、使っていない端末を持ち込んで新規契約しようと思っているところです。

この話、実はお店で話した時に「できない」と言われました(苦笑)。しかし、ソフトバンクのホームページではできることになっているので、電話で問い合わせたところ、やはりできるとの回答を得ました。うーん、新人っぽい人が担当だったので、ちょっと難しい質問だったのかもしれませんね(苦笑)。
関連記事

再入院します

先日退院したばかりだというのに、また入院です。今度は手術のための入院となります。

手術は初めてなのですが、思った以上に検査をするのですね(苦笑)。一番キツかったのは肺活量?の検査です。機械に向かって息を吸ったり吐いたりしないといけないのですが、極限まで吸ったり吐いたりさせられました。これってかなり苦しかったです。もっとも、これで麻酔の量が決まるとあれば仕方がないのですが。

あと、25年も前に一度十二指腸潰瘍をやったことがあるのですが、このために、今回内視鏡検査を行うことになりました。一応、25年も前ですが…と軽く抗議したのですが、ダメでした(苦笑)。癌などの病気を心配しているみたいですが、血液検査にそういった要素は表れていないし、私自身も不調を感じているわけではないので、今でも不要な検査では、という思いがあります。が、これをしないと手術できないというのであれば仕方がないですね。覚悟を決めました。

今回の手術は腹腔鏡でやるので、入院自体は4日ほどです。今月中に本件に関してケリが付くことになります。あとは保険請求すればすべて完了です。それにしても、結構お金がかかりました(苦笑)。健康の有難さを再確認したイベントとなりました。
関連記事

Sony、終わったかも

Xperia Z3(キャリアau)を使っているのですが、突然電源が入らなくなってしまいました。強制再起動の手順もあるので、それを試してみたのですが、まったく受け付けません。今朝まで充電していたので、バッテリー切れということはないです。これだけならまだしも、電子マネー系が全滅でした。私の記憶では、少なくともSuicaは電源が切られていても使えたはずです。しかし、まったく認識されませんでした。

まぁ、iPhone6 plusがメインなので、早速このような現象が発生していないか検索してみたところ、同じような現象は発生しており、マザーボードに問題がある、みたいなことが書かれていました。

外部イベントのうち、まだ試していないのが電源接続です。このイベントで復活するかもしれない、という想いはあったのですが、外に出ているので試すことができませんでした。仕方がないので、auショップまで足を運び、事情を話して電源に接続してもらったところ、復活しました。

復活したのはよかったのですが、今後こういうことが起こると本当に困ってしまいます。電話が使えなくなるのは別に構わないのですが、電子マネー系が使えなくなるのは困ります。ある意味、これらが私のお財布なので(苦笑)。

今回、ハードウエアには問題がなかったようですが、これだけスマホが浸透していると、やはりこういった致命的な不具合は許されないと思います。電話であるにも関わらず、緊急電話も含めて使えなくなってしまったわけなので。年にいくつも新型モデルを出すよりも、スマホとしての品質向上に努めた方が長い目で見ればメリットになるのでは、といつも思ってしまいます。

さて、Sony製品は他にも持っているのですが、ひと昔前の技術のSonyではなくなっている気が以前からしていました。例えば、ブラビアですが、起動までの時間が長過ぎます。私が開発担当ならNGですね。デザイン的にはまだ他社の製品よりセンスを感じるので選択することが多いのですが、消極的な選択です。業績もいまひとつパッとしなくなってしまいましたが、ここで踏ん張らないと、本当に「終わってしまう」かもしれませんね。

私のXperia Z3についてはもう少し様子を見てからどうするか決めたいと思います。
関連記事
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR