FC2ブログ

ドイツ語のレポート課題に取り組み始めました

ドイツ語初級文法の2回目の復習も終わったので、レポート課題に取り組み始めました。まだそれほど書いてはいませんが、出題者の意図が読めるレベルには達しているようです。もっとも、意図はわかっても、実際にドイツ語を書こうとすると、別の問題にぶつかります。そうです、語の配置の問題です。これについては、テキストでは詳しく扱っていないので、必要に応じて参考書を見てはいるのですが、それでも難しいです。経験を重ねながら覚えるしかないのかな、と思っています。

私だけなのかもしれませんが、語学は使わないとすぐに忘れてしまいます。もっとも、全く忘れてしまうわけではなく、ぼんやりと覚えて至るするので、どこを見ればよいかはわかります。結局、そういうことを繰り返しながら記憶に定着させていくしかないのかもしれません。

レポート課題に合格すれば、あとは寡黙試験を受けないといけません。それが終わると、4冊あるテキストの中でも一番厚い3冊目に取り掛かることになります。長文読解が中心になっているので、文法の知識が必須になります。今までやったことを再確認しながら準備を進めることにします。

ドイツ語II、あと少し

一通りテキストは終わっていたのですが、ずっと復習をしていました。急いで先に進んでも、しっかりした土台がなければ、結局進んだ先で止まってしまうことが多いだろう、と判断したからです。その復習ももうすぐ終わります。そこで、少し詳しい文法書を以前購入していたので、それを読んでいくことにしました。

この本、値段の割にページ数が少ないです(苦笑)。まぁ、それでも結構詳しく書かれているので、需要が少ないために価格が上がっているのだと思っています。

取り合えず、7周くらいは読もうと思っています。知っていることは再確認、知らないことはそこで覚える、というスタンスで、会社で主に読みたいと思っています。1周/1カ月くらいで読めれば、と思っています。

年齢的なものもあってか、なかなか覚えられなくなってきているので、回数で覚えるしかなさそうです(苦笑)。あとは、丸暗記ではなく、考えることですね。それは英語で鍛えているところなので、同じような感じでやって行こうと思っています。

レポートの期限も迫っているので、キリがよいところでレポートにも取り掛かることにします。

心理学

かなり先の話になりますが、来年の夏期スクーリングでは、条件が合えば、心理学を受講したいと考えています。心理学については、今まで胡散臭さを感じていたので(苦笑)、ほとんど勉強したことがありません。そのため、事前学習しようと思っています。

大学のテキストを読んでも良かったのですが、思ったよりも薄かったので、本を1冊購入することにしました。どの本にするか迷ったのですが、全体像が見渡せる、ということで、東京大学出版会の『心理学第5版』にしました。ネットでの評判もよかったので。

それで、ネットで購入しようとしたら、楽天のシステムの調子が悪いようで、注文できませんでした。おかげで日曜日くらいに入手して読み始める、という目論見が崩れてしまいました。結局、注文できたのは日曜日なので、ゆっくり読めるのは今週末になりそうです。

最近、心理学に目を向けさせるようなイベント?が身の周りで発生しているので、よい機会なのかもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心理学第5版 [ 鹿取広人 ]
価格:2640円(税込、送料無料) (2019/11/24時点)


古文(文法)

まだ具体的には決めてはいないのですが、遠い?将来、古文関連の講義を受講しようと思っています。やっぱり、日本人に生まれたのだから、今でも読み継がれているものを原文で読んでみたいと思いませんか?それを実現するには、やはり古文法、それも平安時代中期くらいの、中古日本語の文法が必要になります。それを今から習得しておこうと思いました。

『古文解釈のための国文法入門』という本があるのを知りました。まずは、これを使って勉強を始めたいと思っています。文庫本なのですが、\1,860もします(苦笑)。もっとも、ベー字数は650ページを超えているので、ある意味当然かもしれません。

届いた次の日に50ページほど読んだのですが、続きそうです(苦笑)。本は読まないことには先へ進めませんので、読み続けることができるかどうかがまず関門となります。そこは突破できそうです。あとは、内容について行けるかですね(苦笑)。

漢文も将来的には受講したいと思っています。なので、こちらもどこから勉強を開始しないといけないのですが、まだ、気に入ったテキストが入手できていません。まぁ、求めていればどこかで巡り合うでしょう。

これらができるようになれば、ある意味、 3ヶ国マスターですね(苦笑)。


微分・積分

単位はすでに取得してあるのですが、単位の取得が目標ではなく、使いこなせることが目標なので、ずっと勉強していました。使っている参考書は3分冊構成なので、全体として見れば厚い部類に入ります。しかも、出版が古いです(苦笑)。なので、今では習わないような内容が含まれたりしています。ちなみに、amazonでカスタマーレビューをみると高評価になっています。

1冊目は微分・積分の計算に特化しています。まず計算できるようになり、理屈は後から、というスタイルのようです。まぁ、人によって好き嫌いはあると思いますが、特に抵抗はないので、ずっと使っています。今回で、3周目です。

今回から、問題を中心にやることにしました。問題が解ければ例題も基本的には解けるはずです。それにやらないといけないことも増えてきているので、こういったことにあまり時間をかけられない、という事情もあります。

この参考書、結構高度な内容も扱っているので、身につくまで何度もやりたいとは思っています。微分はともかく、積分はやっていないと忘れてしまうので(苦笑)。
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR