FC2ブログ

五行大義(230)

私も「学びの途中」であることをご理解いただければと思います。したがって誤った理解もあるかもしれません。その際にはご指摘いただければと思います。また、内容については適宜集成・追加させていただきます。
-----
七政を論ず
-----

『石氏星経』天官訓解には、「角の二星は、蒼龍のはじめの上角であり、両つの角は天の道にへだたり、日月五星が運行するところである。だから角と名付けた。

亢を朝廷とするのは、王に答えて、それを天下に示し、早朝から夜遅くまで、天下のことを謀り諮うところである。だから亢と名付けた。

氏は表御殿やゆったりとする室である。だから氏と名付けた。

房は天子が終日いらっしゃるところである。だから房と名付けた。

心の前の一星を太子とし、中央を天使とし、後を庶子とする。人心が中央に位置し、身体の中心となっているようなものである。だから心と名付ける。

尾は東方、蒼龍のしりえにあるので尾と名付け、形に象ったものである。

箕は斗に近く、五穀をしき広めるのを象って、箕と名付けた。

斗は容量を測る器であり、爵や禄を斟酌し、その形は斗に似ているので、斗と名付けた。

牛は牛角を象っていて、七政の始であるので、牛と名付けた。

女は方正、裁割の様子を表し、婢妾(はしため)のようであるので、女と名付けた。

は耗である。その部分はがら空きであり、廟堂のようであるので、虚と名付けた。

危は室屋に似ていて、また墳墓のようでもあるので、危と名付けた。

営室には六星があって、離宮とされる。それは、宮殿に似ているので、室と名付けた。

壁は直立していて壁のようである。孔子が書物を壁にしまうのは、この意味に倣ってである。だから壁と名付けた。

奎は庫であり、兵器を主る。その形は庫の形をしていて、周密である。だから、奎は乖(そむく)である。兵が乖いたり違えたりすると、挙兵するのである。だから奎と名付けた。

五行大義(229)

私も「学びの途中」であることをご理解いただければと思います。したがって誤った理解もあるかもしれません。その際にはご指摘いただければと思います。また、内容については適宜集成・追加させていただきます。
-----
七政を論ず
-----
轝鬼の五星を視明として、奸謀を明らかなことにすることを主るとする。四度、時刻は未にあり、分野は秦、春夏を水とし、秋冬を火とする。

柳の八星を食を奉るとし、美味を調和することを主るとする。十五度、時刻は午であり、分野は周、春夏を水とし、秋冬を人する。

星の七星を衣裳とし、身体を覆うことを主るとする。七度、時刻は午であって、分野は周、春夏を火とし、秋冬を水とする。

張の六星を外から来た人のことを主り、施しを与え、宴会をして楽しむこととする。十八度、時刻は午であり、分野は周であり、五行の気は水である。

翼の二十二星は天唱であり、戯れ虞(たの)しむことを主るとする。十八度、時刻は巳であり、分野は楚であり、春夏を木とし、秋冬を金とする。

軫の四星を死喪であって、災凶を知るものとする。十七度、時刻は巳であり、分野は楚、春夏を木とし、秋冬を土とする。

『漢書』天文誌には、「角・亢・氏の分野は韓・鄭、袞州である。房・心は宋、予州である。尾・箕は燕、幽州である。井・鬼は秦、雍州である。柳・七星・張は三河である。翼・軫は楚、荊州である。奎・婁・胃は魯、徐州である。昴・畢は趙、冀州である。觜・参は魏、梁州である。斗は江湖である。牽牛・須女は呉、揚州である。虚・危は斉、青州である。室・壁は衞、幷州である。」とある。これらはみな、分野の主るところであり、州国の善悪を正すものである。だから、政とするのである。

五行大義(228)

私も「学びの途中」であることをご理解いただければと思います。したがって誤った理解もあるかもしれません。その際にはご指摘いただければと思います。また、内容については適宜集成・追加させていただきます。
-----
七政を論ず
-----
十四度、時刻は酉であり、分野は趙、春夏を木とし、秋冬を水とする。昴の七星を獄事を主り、判決を法則によって下すことを主るとする。

十一度、時刻は酉であり、分野は趙、春夏を火とし、秋冬を金とする。畢の八星を辺兵が夷狄に備えるとする。

十度、時刻は酉であり、分野は趙、春夏を金とし、秋冬を水とする。觜えいの三星を保護しておさめるとして、秋の作物を収穫するとする。

二度、時刻は申であり、分野は晋、春夏を火とし、秋冬を土とする。参伐の十星を天の大将として、穀物を刈り取る収穫とする。

九度、時刻は申であり、分野は晋、春夏を火とし、秋冬を土とする。東井の八星は水衡を主り、よって平時に従うとする。

三十三度、時刻は未であり、分野は秦、春夏を火とし、秋冬を水とする。

五行大義(227)

私も「学びの途中」であることをご理解いただければと思います。したがって誤った理解もあるかもしれません。その際にはご指摘いただければと思います。また、内容については適宜集成・追加させていただきます。
-----
七政を論ず
-----
二十六度、時刻は丑であり、分野は呉、五行の気は木である。牽牛六星は橋梁を主り、七政の始とする。

八度、時刻は丑であり、分野は呉、五行の気は木である。須女の四星は巾帛を主り、天の内蔵とする。

十二度、時刻は子であり、分野は越、春夏を水とし、秋冬を火となす。虚の二星は厭堂(廟堂)の祭祀のことを主とする。

十一度、時刻は子であり、分野は斉、春夏を水とし、秋冬を金とする。危の三星を墳墓とし、よって先祖を知るとする。

十七度、時刻は子であり、分野は斉、春夏を水とし、秋冬を火とする。営室の二星を軍粮を主るとし、よって土卒に与えるとする。

十六度、時刻は亥であり、分野は衛、春夏を木とし、秋冬を土とする。東壁の二星を文章図書の府とする。

九度、時刻は亥であり、分野は衛、春夏を金とし、秋冬を水とする。奎の十六星を五兵の庫とし、暴乱を止め防ぐとする。

十六度、時刻は戌であり、分野は魯、春夏を金とし、秋冬を火とする。婁の三星を家畜を養う牧場とし、その家畜を神に供えて祭ることを主るとする。

十二度、時刻は戌であり、分野は魯、春夏を水とし、秋冬を火とする。胃の三星を倉廩とし、五穀が貯えられているところであるとする。

五行大義(226)

私も「学びの途中」であることをご理解いただければと思います。したがって誤った理解もあるかもしれません。その際にはご指摘いただければと思います。また、内容については適宜集成・追加させていただきます。
-----
七政を論ず
-----
他の五行を配当するのは、角の二星を天門とし、三光の路とする。
  • 十二度、時刻は辰であり、地上の分野は鄭、、五行の気は木である。亢の四星を天庭とし、尚書の曹とする。
  • 九度、時刻は辰であり、地上の分野は鄭、春夏を火とし、秋冬を水とする。氏の四星を宿宮とし、御殿に落ち着くこととする。
  • 十五度、時刻は卯であり、分野は宋、春夏を金とし、秋冬を水とする。房の六星を明堂とし、政教の道とする。
  • 五度、時刻は卯であり、分野は宋、五行の気は土である。心の三星を天王の位とする。
  • 五度、時刻は卯であり、春夏を木とし、秋冬を火とする。尾の九星を后宮妃嬪の府とする。
  • 十八度、時刻は寅であり、分野は燕、五行の気は水である。箕の四星を王后の居るところ、宮女の寝室とする。
  • 十一度、時刻は寅であり、分野は燕、五行の気は木である。春夏を金とし、秋冬を土とする。斗の六星を爵禄することを主り、賢を褒め、土を進めるとする。
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR