FC2ブログ

武蔵御嶽神社

※しばらくは、以前参拝した神社の記事を公開したいと思います。
——
東京都青梅市に鎮座しています。以前から参拝してみたかったのですが、今回、レンタカーを借りて、思い切って参拝してきました。
車ではケーブルカー乗り場までしか行けなかったので、まずはケーブルカーに乗ります。時間にして6分くらいですが、往復で大人は¥1,000を超えます(苦笑)。本数は大体15分に1本くらいですが、時間帯によっては、30分に1本となります。登ったら、あとは山道を25分程度歩くだけです(きついかも)。ちょっとしたハイキングです。ちなみに、御岳山頂(標高929m)にあります。場所が場所だけに、山岳信仰の霊場として発展してきました。

パワースポットという呼称がよいかどうかは別にして、居て気持ちのよい場所だったことは確かです。人の言葉ではなく、自分の感覚を信じた方がよいでしょう。

縁起ですが、創建は、崇神天皇7年(紀元前91年)で、天平8年(736年)に行基が蔵王権現を勧請したとのことです。

御祭神は、櫛真智命(くしまちのみこと)、大己貴命、少彦名命、安閑天皇、日本武尊です。櫛真智命は聞きなれない名前だったので調べたところ、太占(鹿の骨を焼きそのひび割れで吉兆を占う)を司る神様とのことでした。そう言えば、天香山神社の御祭神であったような。大変失礼いたしました。

そうそう、この神社の狛犬はニホンオオカミとなっています。それもあり、犬を連れての参拝客も多いようです。
蛇足ですが、犬があるなら猫もあるのでは、と思い検索してみたところ、狛猫なるものがありました(苦笑)。よほどネズミに苦労したのでしょうね。

参拝してご縁を結ばせていただいたのち、御朱印をいただきました。

参拝日:2015/3/28

IMG_1742.jpegIMG_1743.jpegIMG_1744.jpeg
IMG_1745.jpegIMG_1746.jpegIMG_1747.jpeg
IMG_1748.jpegIMG_1751.jpegIMG_1752.jpeg
IMG_1753.jpeg

麻賀多神社

※しばらくは、以前参拝した神社の記事を公開したいと思います。
——
まかたじんじゃと読みます。千葉県成田市台方に鎮座しています。印旛郡市に18社ある「麻賀多十八社」の総本社であるとのことですが、これは知りませんでした。この規模の神社で総本社があるというのは珍しくないですか?

この神社、もうひとつ知る人ぞ知ることがあります。ここが1944年6月10日に日月神示(ひつきしんじ)が降ろされた場所です。それもあって、一度参拝したいと思っていました。

実際に参拝してみると、境内は思ったほど広くなく、参拝客は「ちらほら」といったところでしょうか。正月なのに少し寂しい気がしました。最も、元旦は参拝客であふれていたのかもしれませんが。

縁起ですが、創建は社伝によると、景行天皇42年とのことです。西暦で言えば112年なので、2000年近い歴史があることになります。東征中の日本建尊が当地を訪れて杉の幹に鏡を懸け、伊勢の大神を遥拝したのが起源とのことです。

御祭神は稚産霊尊(わかむすびのみこと)です。穀物の生育を司るムスビの神であり、食物・養蚕の神です。

日月神示が降ろされた場所ということで、パワースポットとして知られているようですが、個人的には特に感じるものはありませんでした(苦笑)。

それから、神示ですが、岡本天明氏が自動書記により高級神霊による神示を記述したものです。漢数字、独特の記号、若干のかな文字の混じった文体で書かれたり、抽象的な絵だけのものもあるようです。私とは系列が異なるようで、関わらなくてもよい、と言われたことがあります(苦笑)。

内容を本当にざっくり要約すると、これから世界は困難な状況になるが、日本人が先行して物質文明から精神文明へ切り替わることで、世界を指導する役割を担う、みたいな感じです。まぁ、このまま物質文明を続けて行ったところで、いずれ破綻すると思うので、精神文明への転換は必要だとは思いますが、日本人が云々という部分には違和感を覚えます。加えて言えば、伝えたいことがあるのなら、読めるものを降ろすのが筋でしょう(苦笑)。そういう点からしても、少なくとも私には必要のないものだと思いました。

参拝してご縁を結ばせていただいたのち、御朱印をいただきました。

参拝日:2015/1/2

IMG_1724.jpegIMG_1728.jpegIMG_1725.jpeg
IMG_1727.jpeg

櫻木神社

※しばらくは、以前参拝した神社の記事を公開したいと思います。
——
千葉県野田市に鎮座しています。初詣にちょっと遠出してみました。せっかくなので他に2社ほど参拝する予定だったのですが、うち1社の参拝客が思った以上で、時間との兼ね合いで断念しました。

到着したのは、9時前でした。天気がいまひとつだったのと、少し早かったこともあってか、参拝客はまばらでした。まぁ、行列よりはこちらの方が参拝する側としては嬉しいのですが。

この神社、社名の響きがよかったので選びました。名前にちなんで境内には結構桜がありました。カラーコーンも桜模様でした(笑)。

縁起ですが、創建は、社記によると、藤原嗣良によって平安朝の仁寿元年(西暦851年)とのことです。なんでも、嗣良公がこの地に居を移した折、美しい桜の大木があり、この木の下に倉稲魂命を祀り、その後武甕槌命の神を祀ったのが始まりとのことです。

御祭神は、倉稲魂命、武甕槌命、伊弉諾尊、伊弉冉尊です。

この神社、桜の御朱印で有名です。御朱印帳もなかなか素敵です。ただ、書き入れ(御朱印帳に書いてもらう)をしていない場合があり、書き入れ派の私としては、残念ですが御朱印はいただいていません。

参拝してご縁を結ばせていただきました。

参拝日:2015/1/2

IMG_1720.jpegIMG_1722.jpegIMG_1723.jpeg

伊豆山神社

※しばらくは、以前参拝した神社の記事を公開したいと思います。
——
静岡県熱海市伊豆山上野地に鎮座しています。来宮神社からだと車で30分ほどです。海抜170mほどの場所にあるため、境内から相模灘が広がる風景を望むことができます。

駐車場はあるにはあるのですが、7台くらいしか駐車することができませんでした。他にもあるのかもしれませんが、参拝を考えているのであれば、調べてから行った方がよいと思います。ちなみに、私の場合、直前に1台出て行ったので、すんなり駐車することができました。こういう時には運はある方です(苦笑)。

参道(階段)の途中に役小角を祀る社がありました。この方とは結構ご縁があります。帰ってから調べてみると、役小角(修験道の始祖)は、伊豆大島へ配流された折に、(飛行術で抜け出して、)ここで修行したのだそうです。また、空海が修行した伝承もあるように、多くの仏教者や修験者が修行を積んだ霊場でした。

境内は思ったよりも広かったです。印象的だったのは、手水舎の「赤白二龍(せきびゃくにりゅう)」です。伊豆山の地底にいるとされています。龍とも結構ご縁があります。

境内には、出店がありました。何かのキャンペーンのようでした。参拝客もそれなりにいました。

縁起ですが、創建は不明ですが、社伝によると、孝昭天皇の御代(紀元前5世紀〜紀元前4世紀)とのことです。

御祭神ですが、伊豆山神(天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)、拷幡千千姫尊(たくはたちぢひめのみこと)、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと))です。

ここに参拝したら、本宮まで参拝するのがよいのだそうです。私は時間の関係もあり、本宮へは参拝していないのですが、今度参拝する機会があれば、参拝したいと思っています。

参拝してご縁を結ばせていただいたのち、御朱印をいただきました。

参拝日:2014/11/23

IMG_1708.jpegIMG_1709.jpegIMG_1710.jpeg
IMG_1712.jpegIMG_1713.jpegIMG_1714.jpeg

来宮神社

※しばらくは、以前参拝した神社の記事を公開したいと思います。
——
きのみやじんじゃと読みます。静岡県熱海市に鎮座しています。伊豆旅行の帰り道に立ち寄らせていただきました。
七五三の時期なのでしょうか、駐車場がとても混んでいました。神社としてはそれほど広くないと思うのですが、その割には参拝客の多さに驚きました。

境内では、お祓いのためか、消防関係と思われる方々と消防車がありました。普通車のお祓いならば結構目にする機会もあると思うのですが、消防車となると、結構貴重な経験かもしれません。

それから、ご神木ですが、樹齢2,000年以上と言われる大楠です。これだけのものは滅多にお目にかかれません。おまけに、いろいろな伝説が付いてきます。もし、参拝する機会があれば、外さないようにしてください。

縁起ですが、創建は不明ですが、社伝によると和銅3年(710年)とのことです。熱海湾で網に木の根がかかることが度々起きたため、不思議に思った漁師があらためると、神像のようであったため、近くの松の下に祀っていたのですが、何と潮騒がうるさい、という神託があったため、現在の地に遷祀したのだそうです(苦笑)。個人的には、確かに静かではありませんが、心地よい音だと思いますけどね。

御祭神は、日本武尊、五十猛命(いたけるのみこと)、大己貴命(おおなもちのみこと)です。

参拝してご縁を結ばせていただいたのち、御朱印をいただきました。

参拝日:2014/11/23

IMG_1701.jpegIMG_1702.jpegIMG_1705.jpeg
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR