FC2ブログ

Arduino

ひとことで言うと、AVRマイコンと入出力ポートを備えた基盤と、C言語風の開発言語(Arduino言語)、統合開発環境から構成されるシステムです。この説明ではわかりませんよね(苦笑)。Raspberry Piのようなイメージではなく、もっと制御に特化したシステムと言えるかもしれません。

学生が卒業制作で使用していることもあり、最近、私も使い始めたのですが、正直、使いにくいです。C言語風なところは敷居が低いと思うのですが、関数の機能が制限されていて、普通なら標準関数で書けるところが、書けないことが多々あります。もっとも、このシステムがターゲットとするところを正しくとらえるのであれば、これはこんなものかもしれません。

まぁ、現状に不満を言ったところですぐに改善されるわけでもないし、とにかく学生はこれを使っているので、私も使うしか選択肢はありません(苦笑)。

第一声が不満で始まってしまいましたが、一番の不満は、学生の書いたプログラムです(苦笑)。うーん、C言語の授業はあったはずだし、Javaも学習しているはずです。なのに、これはひどい。ロジック以前に、コメントがなかったり、スタイルが統一されていなかったりで、とても読みにくかったです。全員のプログラムを読んだわけではないのですが、大差はないと思っています。機会を作って確認してみます。

とりあえず、学生のプログラムをもとに、「見本」を作ってみました。これと比較すれば、どこをどうしたらよいのか、多少なりとも分かるはずです。加えて、私個人のロジックも組んでみたので、次に学校へ行った際に動作確認してみようと思っています(苦笑)。

そろそろ限界かも

諸事情があって、そろそろMacBookProを購入しようかと考えています。予算自体は目処がついており、今なら分割払いの手数料が¥0というキャンペーンもあったりします。もっとも、このキャンペーンは年中やっているような気がしないでもありませんが。

一番の要因は、嫁さんのMacとiPhoneの関係です。かなり旧型のマシンのため、macOSのバージョンアップが途中で止まってしまい、そのため、iPhoneとの同期が取れなくなってしまった、みたいなことがあったからです。今のiPhoneだけならiCloudと同期させる、などの手はあるのですが、過去の資産が入っていないので、そこが問題になっています。

根本的に解決するには、新しいMacを購入することです(苦笑)。ただ、何台も購入できないので、私が新しいMacBookProを購入し、お下がりを使ってもらう、というのが現実的です。ただ、ここに来て、嫁さんがiTunesとの同期を諦めるみたいな話もあり、まだまだ流動的です。

新製品が便利なのはわかるのですが、特にAppleの製品は高価なものが多いので、やはり購入は慎重になります。スペックにもよるのですが、税込で36万くらいを見込んでいます。これでも学生割引制度を利用しています。

最後は、”覚悟”ですね(苦笑)。

クロジャー(Closure)

以前、Swiftの本を読んだ時には、よくわからない概念でした(苦笑)。あの頃は、まだObjective-Cを使って開発していたのですが、そこにも同じ概念が登場して来た時期でした。メソッドの引数にクロージャーを設定するようなI/Fになっていたので、理解するよりも見よう見まねで作っていました(苦笑)。とにかく、開発するのに忙しく、生活の大半を注ぎ込んでいました。今から考えると、そんな生活はもうごめんです(苦笑)。

特に勉強したわけでもないのですが、今ならなぜかわかります(苦笑)。ただ、使いこなしているか、と言われるとまだまだです。習得するには数をこなす必要がありますが、最近、Swiftにかける時間をレポートに回しているので難しいかな、と思ったのですが、仕事でC#を使っている関係で、こちらで練習させてもらう、というのはアリかな、と思っています(苦笑)。こちらは仕事なので、期日までに言われたものができるのであれば、調べる時間も習得する時間もあるので、一石二鳥かもしれません。

意識して使ってみることにします。

Git

外部講師をしている学校の方で、バージョン管理システムの導入を要望したところ、Gitが提供されました。まぁ、そちらの方が何かと都合がよいのですが、実はまだクライアントソフトからアクセスができない状態です。

インストールした先生に言わせると、ツールにバグがあるのでは?ということなのですが、それならとっくに問題になっており、すでに解決済みでしょう。なので、私は別に問題があると思っています。

とは言うものの、平日は対応できないし、週末はレポートに追われる生活に突入してしまったこともあり、あまり時間をかけたくないところです。なので、講義の後にちょっとやってみました。

結論は、私のヒューマンエラーでした(苦笑)。bit〜serverとgit〜serverを取り違えていたために、まったく明後日なことをしていました。正しくやったところ、接続することができました。もっとも、校内からはip直打ちでないとアクセスできない、ということはついさっきまで知りませんでしたけど。

設定等を含め、ドキュメントとしてまとめておくことにします。あとは、少しいじりながら慣れていこうと思っています。

電子CAD

ひとことで言えば、電子回路基板を作成するためのCADです。学校の授業で採用したものがあるので、それをインストールしました。ただ、学校のものとは異なり、無料でやりたかったので、多少制約のある「Community版」をインストールしました。大規模な回路設計をバリバリやるわけでもないので、制約条件内でできると思うのですが、超えるようなら、「Professional版」を考えようと思っています。

実際の操作は授業でやると思うので、その前に予習をしておく必要があります。もっとも、この部分は、他の先生が担当してくれるので、私も学生に混じってその講義を聴き、周囲で困っている学生がいればサポートする、というのもありだとは思います。まぁ、学生と同じことをやってみることで、先生の説明がわかりやすいかどうかを判断することもできますし。

回路基板が自作できるとなると、やってみたいことが広がりますね。別に、機械図面も描けるようになったので、ますますやってみたいことが広がります。
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR