慶早戦

昨日、観戦する予定でした。が、私の時間認識がズレてしまい、集合時間までに行くことができませんでした。結局、見れませんでした。

朝は例のごとく早く起きて、電車の時間等を確認して準備万端だったのです。が、少し時間があったので、ドイツ語の勉強に手を出してしまったのが、敗因のようです。そんなに集中していたとは思わなかったのですが、あちこち辞書を引いたり、電子辞書で発音を調べたりはしていました。まぁ、集中するのはいいことなのですけどね。
 
今回は縁がなかったのかもしれません。天気の具合がいまひとつだったので、知り合いに頼んで、雨は避けてもらったのですが…。お礼とお詫びをしないといけなくなりました(苦笑)。

まぁ、それなりに人生、長く生きてきましたが、約束の時間を守れなかったことは一度もありませんでした。初めての経験なので、なんか、しょんぼりしています。


教訓、出かける前には勉強しない(苦笑)。

関連記事

五行大義(102)

私も「学びの途中」であることをご理解いただければと思います。したがって誤った理解もあるかもしれません。その際にはご指摘いただければと思います。また、内容については適宜集成・追加させていただきます。
-----
相剋を論ず
-----
五行の道では、子は父の難を救うことができる。だから、金は巡って木を剋するが、(木の子である)火は金を剋して讎(あだ)を討つ。火が金を溶かせば、(金の子である)水は火を剋してその恥をすすぐ。しかし、衰気にあたるものは、反対に盛んなものから制されるようになる。それは、鼎 (かなえ)の中の水が火によって煮られるようなものである。

「白虎通」には「火は熱く水は冷たい。温かい水があっても冷たい火がないのはどうしてか。それは、臣下は君主になることができるが、君主は臣下になることができないという道理を明らかにしているのである。また、火が水を煮てお湯とするのは、その形体を改めないで、ただその名を変えるだけである。(ところが、)水が火を消して炭にするのは火の形体と名前が共に尽きることである。それは、君主が廃せられれば存在しないようになるが、臣下は罪を得てもただその職を退くようなものである。」とある。
関連記事

魔法もの

私自身の過去に原因があるのでしょうが、「魔法もの」が好きです(苦笑)。偶然見つけたアニメが2本、それもどちらも魔術絡みだったので、速攻で飛びつきました(苦笑)。「ゼロから始める魔法の書」と「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」です。

内容についてはここでは説明しません。興味のある方は、このタイトルで検索してみてください。何件かヒットするはずですし、Wikiにも掲載されています。

このアニメを見ながら、そう言えば昔、ヘルメス文書を始めとする神秘主義系の本をたくさん読んだことを思い出しました(苦笑)。今ではその手の本は本棚から外されてしまわれてしまいましたが、時々無性に読みたくなります。血ですかね(苦笑)。

最初に、「偶然見つけた」と書きましたが、必然なのでは、と思っています。受け入れるだけの準備ができたのかもしれません。次のステージへようこそ、ですね(苦笑)。

科学と魔術・魔法が自分の中では同居している、そんな気がしてなりません。
関連記事

人間が共通の題材の中で求めるのは

いくつかあるものの中から、比較的わかりやすいものをご紹介します。
- - - - - - - - -
人間が共通の題材の中で求めるのは「神」。「神」は人間の起こした理想。理想の中に住む他人格的な基礎。

神は制欲の中で人としての在り方を求め文化の中に溶け込みましたが、時代の流れ、逆境。何時の頃からか「運・不運の運試し」として活躍。神の敬意も傷付きました。
関連記事

試験に向けて

仕事と学生生活の両立から半年が経過しました。最初の1年はリハビリをイメージしていたので、特にレポートや試験は意識していませんでしたが、そろそろリハビリ期間を終了させたいと思っています。

リハビリと言っても、科目のテキストを読んでいないわけではありません。どんな勉強のスタイルにしようかと模索しながらだったので、逆に2回以上読んでいるものもあります。もちろん、テキストから脱線したものもあります(^^;。

試験を受けるにはレポートの提出が必須です。レポートは勉強しました、ということをアピールするものなので、提出すれば試験は受けられるみたいです。ただ、単位修得となると、レポート合格と試験合格を満たさないといけません。

ということで、次の試験がある10月に向けて準備を進めることにします。そのためには、9/1までにレポートを提出しないといけません。どちらも初めての体験なので、とにかくやってみることにします。これまで勉強してきたネタはあるので、レポートのテーマにしたがって書いてみることにします。レポートは1回では通らないようですが、なるべく良質なものを提出したいと思っています。

まずは計画を立てるところから始めます。
関連記事
プロフィール

core_dump

Author:core_dump

「AyajinSoft」の[Ayajin」ですが、今は昔、某所に派遣されていた時に、「怪しい人=怪人」と呼ばれたことがあり(オシロスコープなど、他の人が持っていないようなものを持っていただけなんですけどね)、なぜかこの音が気に入ってしまい、以来、この表記を使っています。

基本的に組み込み技術者です。一時期、iOSアプリの開発に従事していましたが、今後は制御系を中心にやっていこうと思っていますが、なにぶん相手のある話なので、組み込みや制御を中心に、アプリ寄りなところまで含めて幅広くやって行こうと思っています。

技術者なのですが、最近、いろいろなことに興味や面白さを感じるようになりました(ソフトウエア工学だけでなく、自然科学、人文科学、社会科学などなど)。それが高じて、現在、大学で哲学を中心に勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR